White Love Lyrics English


  • Composer: Hiromasa Ijichi
  • Arranger: Junya Matsuoka
  • Lyrics: Hiromasa Ijichi
  • Vocals: Akari Tsuda; Setsuna Ogiso (CV: Madoka Yonezawa)

White Love — English lyric translation


Take me with you
Toward those endless clouds
Don’t let go of me

The white love fluttering down from the midwinter constellations
Falls and piles up deep within my chest
Soaking into my heart and turning into tears
Every time we call out to each other, with a sign that’s something more than friends
We get stronger
Even if we part, we’ll always be one

Keep a tighter hold on me
I may act tough on the nights you don’t call
But the truth is I miss you…
Like the light of the endless stars
I want to wrap you up now
With my overflowing love
This meeting given to me by angels
Pierces through the sky
And will shine on forever

Illumination showing through
The window clouded up with white sighs
It’s a happy thing
Feeling so uncertain about tomorrow that I cry
I want my new notebook
To be full of your initials…
I keep on living because of the promise of a next time
When the snow melts and spring finally comes
I want to be a comfort for you
Like sunlight through the trees
Like the existence of the endless stars
Even if I start to lose heart
I will love you forever
So that the happiness I feel now
Will not disappear one day
Like the fleeting snow

“I love you… Hold me tight…”

Take me with you
Toward those endless clouds
Don’t let go of me

This meeting given to me by angels
Is no miracle
This newly born love
As I look at God
I will treasure it eternally

I want to keep living for your sake


White Love


果てしない あの雲の彼方へ
私をつれていって
その手を 離さないでね

真冬の星座から 舞い落ちた白い戀
胸の奧に 降り積もる
心に染みて 涙になる
仲間とは違う サインで呼び合うたび
強くなれる
離れていても いつだってひとつだよね

もっとちゃんと いつも つかまえていて
電話がない夜は 強がってても
ホントはね I miss you…
果てしない 星の光のように
胸いっぱいの愛で
今あなたを 包みたい
天使がくれた 出逢いは
あの空を 突き抜けて
永遠に輝き続ける

白いため息で 曇った窓ににじむ
イルミネーション
うれしいほど
明日が不安で 泣けるものね
新しい手帳にも あなたのイニシャルが沢山
ありますように…
次の約束が あるから生きていけるよ
雪が融けて やがて春がくる頃
あなたにとって 木漏れ日のような
やすらぎに なっていたい
果てしない 星に生命のように
くじけそうになっても
ずっと愛し続けるよ
儚い 雪みたいに
この今の しあわせが
いつか 消えてしまわぬように

「愛してる… 抱いていて…」

果てしない あの雲の彼方へ
私をつれていって
その手を 離さないでね

天使がくれた出逢いは
奇跡なんかじゃないよ
神様 見つめてて
生まれたての愛を
永遠に大切にするから

あなたの為に生きていきたい