Special encore script

Drama CD

New Year: Reunion and Atonement
再会と贖罪のニューイヤー

  1. H: What? When did I end up at the concert hall…? (phone beeps.) Happy New Year. (bell chimes again. He sighs, closes phone.) Guess I’ll go home.
    何だよ。いつの間にかコンサートホールまで来ちゃってたのか、俺。明けましておめでとう。帰るか。
  2. K: (on the phone.) Right. Happy New Year. And… let’s have a good year, Mom. I know. (phone beeps; she hangs up. Bell chimes.) Man, there’s that annoying bell. I really am in Japan. (pause.) Hey… how are you? Happy New Year. Hope it’s a good one. Probably won’t be seeing each other again, though. (bell chimes.) Guess I’ll go back to the hotel. Mom’s waiting for me. Hmm… (starts walking.) Right, it was this way. Oh—
    そうだね。おめでとう。それと、今年も宜しくね、母さん。分かった、じゃあ。辛気臭いかね。本当に日本なんだな。なあ、元気でやってるか。明けましておめでとう。今年も宜しくな。(1:00)もう、会う事も無いけどな。じゃあホテルに帰るか。母さんも待ってるしな。えっと、確か、こっち。あっと。
  3. H: Oh, excuse me.
    あ、すみません。
  4. K: Not at all, I was…
    いえ、こっちこそ。
  5. H: I was just lost in thought a bit… I…
    少し考え事して、て。
  6. K: Huh?
    え、
  7. Announcer: White Album 2: New post-recording drama. New Year: Reunion and Atonement.
    ホワイトアルバム2。生アフレコドラマ。再会と贖罪のニューイヤー
  8. H: Kazusa…!
    かずさ。
  9. K: H-Haruki…
    はるき。
  10. H: Why… why are you—when did you come back to Japan?
    なんで、お前、いつ日本に。
  11. K: I… I just got here today. I’m leaving tomorrow.
    あ、あたしは今日着いたばかりで。もう、明日帰る。
    (2:00)
  12. H: Oh…
    そんな。
  13. K: I just came to see Mom’s concert. It’s not like I’ve come home or anything.
    ただ、母さんのコンサートを観に来ただけだ。別に帰ってきた訳じゃない。
  14. H: Concert? Then, the ticket that Youko-san sent…?
    コンサート?まさかようこさんが送って来たチケットって?
  15. K: Did Mom do something?
    母さんがどうかしたのか。
  16. H: Oh, no, nothing. (both pause.) It’s been a while, huh?
    ああ、いや、何でもない。久しぶりだな。
  17. K: Yeah.
    そうだな。
  18. H: U-um… Oh, right. Happy New Year.
    えっと、そうだ。新年明けましておめでとう。
  19. K: Right… Happy New Year.
    ああ、おめでとう。
  20. H: Hope it’s a good—
    今年も。
  21. K: Stop already. I told you I’m leaving tomorrow. I’m not someone who belongs to this country any more.
    やめろ。明日帰るって言っただろ。あたしはもうこの国の人間じゃないんだ。
  22. H: Kazusa… (long pause.) O-oh, um, by the way, congratulations on being the runner-up in the international competition.
    かずさ。そ、そう言えばさ、国際コンクール準優勝おめでとう。
    (3:00)
  23. K: It’s nothing to be happy about. Suddenly I’m going to be put up on display in Japan. It’s a serious nuisance.
    めでたくなんかない。いつの間にか日本でさらし者にされてるし、いい迷惑だ。
  24. H: O-oh, I see. Sorry.
    あっ、ああ、ごめん。
  25. K: Why are you apologizing? It’s got nothing to do with you.
    なんでお前が謝るんだ。関係ないだろ。
  26. H: Oh, no, well, that’s true, but… Well, maybe it’s not…
    い、いや、それはそうなんだけど。そうじゃないというか。
  27. K: Doesn’t really matter anyway. Anyway, um, you…
    ま、別にどうでもいいけど。それで、その、お前。
  28. H: Huh?
    うん。
  29. K: U-um, uh… Well… How have you been?
    あ、あのさ。えっと、だから。元気だったか?
  30. H: F-fine. What about you?
    あ、ああ。かずさは?
  31. K: I’ve been… Yeah, I’m doing fine.
    あたしは、うん元気だよ。
  32. H: Great… I’m glad to hear that. How’s life over there?
    そっか、良かった。向こうの生活はどうだ?
  33. K: It’s a blast. I’ve made a lot of friends.
    すごく楽しいよ。友達もいっぱいできた。
  34. H: R-really? That’s… that’s awesome, seriously.
    そうか。うん、本当に良かったな。
    (4:00)
  35. K: Not just women. Male friends, too.
    女だけじゃなくて。男の友達だって。
  36. H: I-I see.
    う、そうか。
  37. K: …What?
    何だよ。
  38. H: W-what do you mean?
    な、何が。
  39. K: Why did you go silent? Why are you acting like this?
    なんで黙り込むんだよ。どうしてそんな態度取るんだよ。
  40. H: Huh? I didn’t really…
    俺は、そんな別に。
  41. K: Why are you responding to every single word I say?
    どうしてそんな、私の言葉にいちいち反応するんだよ。
  42. H: Wh-why? …I’ve been worried about you this whole time! Isn’t that obvious?
    そんなの、ずっと心配してたからに決まってるじゃないか。
  43. K: Worried? Oh, I see. So I’m your kid now. Nice to see you again, Daddy.
    心配か、ああそうか。あたしはお前の子供か。パパ久し振りでちゅね。
  44. H: Don’t make fun of me! I really was worried! I never, ever forgot about you!
    ちゃかすなよ。本当に心配だったんだよ。ずっと、忘れた事なんか無かったんだよ。
  45. K: And what about me?! I never forgot about you, not for one day!
    そんなの私だって。私だって一日たりともお前の事忘れたりなんか。
  46. H: Kazusa…
    かずさ。
    (5:00)
  47. K: (Haruki’s phone rings.) Pick it up.
    出ろよ。
  48. H: B-but…
    けど。
  49. K: Is it from Setsuna?
    もしかして。せつなからか。
  50. H: Yeah.
    うん。
  51. K: I see, I see. Good. So you two are still…
    そっか、そっか。良かった、お前たち、ちゃんと。
  52. H: Well, right now, though, we’re… See, it was my fault…
    でも、今はちょっと。俺のせいで。
  53. K: What, you had a fight on Christmas Eve or something?
    何だよ。クリスマスイブに喧嘩でもしたのか。
  54. H: You don’t have to try to pinpoint the exact date…
    日付までピンポイントに指定するのはやめてくれ。
  55. K: …I told you, pick up.
    やっぱり出ろよ。
  56. H: Do you mind?
    いいのか?
  57. K: Who cares whether I mind? She’s your girlfriend, isn’t she?
    いいも何もない。お前の彼女だろ。
  58. H: I think…
    なのかな。
  59. K: You’re fighting because you love each other. You’re worrying because you love her.
    好きだから喧嘩するんだろ。愛してるから迷うんだろ。
  60. H: Kazusa…
    かずさ。
  61. K: So pick up, Haruki. And… do not say a word about the fact that I’m here.
    だから出ろよはるき。それと、あたしがここにいる事、絶対に言うなよ。
  62. H: Don’t you disappear while I’m on the phone, either.
    お前こそ俺が電話してる間に、居なくなったりするなよ。
    (6:00)
  63. K: …All right, all right.
    分かってるよ。
  64. H: Hello?
    はい。
  65. S: Oh! I’m… sorry to call so late at night… Um, um… My name is Ogiso… Is Haruki-san at home right now?
    わっ、夜分遅く、すいません。えと、えっと、小木曽と申しますが、はるきさんはご在宅で。
  66. H: This is my cell phone, Setsuna, I know it’s you. And you called my cell phone, so you know it’s me.
    携帯なんだからせつなだって分かってるよ。携帯に掛けたんだから俺だって分かるだろ。
  67. S: Oh, right. Sorry… Wow, that was pretty lame of me, huh?
    あ、そっか。ごめん。何だか物凄く格好悪いね、私。
  68. H: No, of course not. Not at all.
    いやあ、そんな事ないよ。そんな事。
  69. S: Are you… at home?
    今は、家?
  70. H: No, I’m out.
    あいや、外。
  71. S: Are you with anyone?
    誰かと一緒?
  72. H: I’m…
    それは。
  73. K: (whispers) Not one word.
    言うなよ、絶対。
  74. H: No, I’m alone.
    あいや、一人。
  75. S: Can I… talk to you for a second, then?
    じゃあ、今少しだけいいかな。
    (7:00)
  76. H: Of course.
    もちろん。
  77. S: Um… well, um… (pause.) Happy New Year.
    えっとね。あのね。その。明けましておめでとう。
  78. H: Yeah, let’s make this a good one, too.
    ああ、今年も宜しくな。
  79. S: Oh…!
    うわー。
  80. H: (she begins to cry.) Setsuna?
    せつな。
  81. S: I’m so glad…
    良かった。
  82. H: (laughs awkwardly) Isn’t that reaction a bit exaggerated?
    大げさすぎるだろ、その反応。
  83. S: You said, “Let’s make this a good one, too.”
    だって、今年もって、言ってくれた。
  84. H: Huh?
    え、
  85. S: That means we aren’t over, right? We’re still going for this year, right?
    それって私たちまだ終わってないって事だよね。今年も続くって事だよね。
    (8:00)
  86. H: W-well, obviously. We wouldn’t end that easily, right?
    あ、当たり前だろ。そんな簡単に終わる訳ないじゃないか。
  87. S: But… But I hurt you. I did such an awful thing to you on Christmas…
    でも、でも私あなたを傷付けた。クリスマスにあんなひどいことしちゃった。
  88. H: I don’t care about that. …Actually, maybe that’s rude to say. It’s true that I was hurt…
    気にしてない。って言うとかえって失礼かな。傷付いてたのは本当だし。
  89. S: I’m sorry, Haruki-kun. I’m so sorry.
    ごめんなさい、はるき君、ごめんなさい。
  90. H: No, I’m sorry. I hurt you more than you hurt me. What I did was terrible.
    ううん、俺こそごめん。自分以上にせつなを傷付けた。酷い事をした。
  91. S: No… I was wrong!
    そんな、私が悪いんだよ。
  92. H: I was wrong.
    俺が悪い。
  93. S: I was!
    私だよー。
  94. H: I’m telling you, I was—
    俺だって
  95. S: Listen, Haruki-kun…!
    そんな、はるきくん・・・。
  96. H: No, I…
    ちが、俺が・・。
  97. S: We’re always like this, huh? Neither of us is willing to accept the notion that the other was wrong.
    なんかいっつもこんなだね、私たち。お互いに相手が悪いって認めない。
    (9:00)
  98. H: We’re both stubborn that way.
    強情だからな、お互い。
  99. S: I’ve wanted to apologize this whole time. I actually wanted to apologize before the new year started, but… I couldn’t get up the nerve, and now it’s changed. I’m sorry.
    ずっと謝りたかった。本当は年が明ける前に謝りたかったんだけど…勇気が出なくて。結局年越しちゃってごめんね。
  100. H: It’s fine, seriously, I’m the one who was… Eheh. L-look, we’ll just call it a mutual thing.
    いいんだよ、悪いのは、って。もう、お互い様って事にしないか。
  101. S: If that’s what you say, Haruki-kun, I’m fine with it.
    はるき君がそう言うなら、それでいいよ。
  102. H: All right, well…
    じゃあ、そういうことで。
  103. S: Yeah.
    うん。
  104. H: See you when I see you.
    また、今度な。
  105. S: Yeah, next time. Next time will be… college, right?
    うん、また今度。次は大学かな。
  106. H: Maybe so. Come to think of it, end-of-term exams are right after winter break ends…
    かもな。そういえば、冬休みが明けたらすぐに期末試験だな。
  107. S: Oh, Haruki-kun! You always end up coming back to that.
    もう、はるき君って、いっつもそっち方向の話になっちゃう。
    (10:00)
  108. H: Look, college is a place for studying, right?
    だって、大学は勉強する場所だろ。
  109. S: That part of you hasn’t changed at all. It probably never will.
    そういうとこ、変わってないね。本当、いつまでも。
  110. H: Well, good night.
    じゃあ、お休み。
  111. S: Good night. I think… I should finally be able to sleep completely soundly, tonight.
    うん、お休み。今日こそ心の底からぐっすり眠れそうだよ。
  112. H: Me, too.
    俺も。
  113. S: Talk to you later, then. Oh, one more time… Let’s make this a good one.
    じゃあね。あ、もう一度だけ、今年も宜しく。
  114. H: Yes, let’s.
    うん、今年も。
  115. K: Well, I’ve had about all I can take of that.
    ご馳走様。
  116. H: Kazusa…
    かずさ。
  117. K: You two are so damn innocent, just like you always were. I was getting embarrassed just listening to you.
    相変わらず初々しいなお前たちは。聞いてるこっちが恥ずかしくなる。
  118. H: That’s not true! We just… haven’t moved forward.
    そうじゃない。ただ前に進めてないだけだよ。
    (11:00)
  119. K: Haruki…
    はるき。
  120. H: Setsuna and I have been at a standstill ever since then.
    あの時から、ずっと止まったままなんだよ、俺とせつなは。
  121. K: Well, that doesn’t have much to do with me any more.
    ま、今の私には関係のない事だ。
  122. H: I… I guess you’re right.
    そっか。そうだな。
  123. K: Don’t ever let go of Setsuna. You won’t find another woman as good as she is.
    これからもせつなを離すなよ。あんないい女は他にはいないぞ。
  124. H: That’s true. She’s wasted on me.
    確かに。俺にはもったいないな。
  125. K: No kidding.
    全くだ。
  126. K: Well, I’m heading back to my hotel now.
    それじゃあ私、そろそろホテルに戻るから。
  127. H: Huh?
    え。
  128. K: I don’t know… whether or not I’m glad to have run into you today, but… I was a little bit happy. I mean that.
    今日は会えて、良かったのか悪かったのか分からないけど、それでも少しだけ嬉しかったよ。それは本当だ。
  129. H: Kazusa…
    かずさ。
  130. K: Bye, Haruki.
    じゃあな、はるき。
    (12:00)
  131. H: Wait! Kazusa… U-um… Um! Do you have any plans after this?
    待てよ。かずさ、あ、あの、あのさ今から予定あるのか。
  132. K: This late at night? What are you talking about?
    こんな夜遅くに何言ってんだよ。
  133. H: So, you don’t?
    ってことは、無いのか。
  134. K: That’s what you meant to ask in the first place, isn’t it?
    そういう意味で聞いたんじゃない。
  135. H: Well, I thought Youko-san might be waiting…
    もしかして、ようこさんが待ってるとか。
  136. K: Mom… just told me that she was tired, so she was going to bed.
    母さんは、疲れたからもう寝るって、さっき言ってた。
  137. H: Then… then…! Could we… talk just a little more?
    なら、ならさ。もうちょっと、もう少しだけ話さないか。
  138. K: What, as friends?
    それは、友達としてか。
  139. H: Do I have to answer that right now?
    それ、今すぐ答えなくちゃならない質問か。
  140. K: …You’re terrible, as always.
    最低だな、相変わらず。
  141. H: I am terrible. I was then, and I am now.
    最低だよ。今も昔も。
  142. K: (mutters) And so am I.
    そしてあたしも。
  143. H: Then, you’re okay with it?
    それ、オッケーってことでいいんだな。
  144. K: You don’t have to confirm every step of the way, dummy.
    いちいち確かめるな、バカ。
    (13:00)
  145. H: Kazusa…
    かずさ。
  146. K: (phone rings. Pause.) What, you’re not gonna answer that?
    出ないのかよ。
  147. H: But, I…
    いや、けど。
  148. K: I mean, it’s Setsuna, isn’t it?
    どうせせつななんだろ。
  149. H: You’re scary.
    お前こわいよ。
  150. K: I’ve always been like this.
    もとからだこんなの。
  151. H: I’m gonna answer this.
    出るぞ。
  152. K: See if I care.
    勝手にしろ。
  153. H: Don’t leave. Our promise from before is still in effect.
    帰るなよ。さっきの約束まだ有効だからな。
  154. K: Hmph.
    ふん。
  155. H: Setsuna?
    せつな。
  156. S: Sorry. I know I keep calling…
    ごめんね、何度も電話しちゃって。
  157. H: Oh, no, it’s totally fine. What’s up?
    あ、いや全然大丈夫。それでどうした?
  158. S: Um… um…! I forgot to say this before, but… since we made to the New Year, I thought I’d like to make a toast.
    あのね、あのね、さっき言い忘れんたんだけどせっかく新年を迎えたんだし、乾杯だけでもしたいなって。
  159. H: A… toast?
    か、乾杯?
  160. S: You know, like when the two of us celebrated Kazusa’s placing in the contest.
    ほら、この前二人でかずさのコンクール入賞をお祝いした時みたいに。
  161. H: R-right.
    ああ。
    (14:00)
  162. S: Once I got the thought in my head, I just couldn’t contain myself… so I borrowed a bottle of Dad’s wine again, just like then.
    そう思ったら、居てもたってもいられなくなって。あの時みたいにまたお父さんのワイン拝借してきちゃった。
  163. H: What, no sake?
    て、お神酒じゃないのかよ?
  164. S: I’m not that good with sake… The tiniest little bit makes me sleepy.
    私日本酒はちょっとダメなんだよね。一毫位で直ぐ眠くなっちゃって。
  165. H: You just said we were making a toast. How much were you planning to drink?
    乾杯だけと言いつつどれだけ飲む気なんだよ。
  166. S: Maybe we shouldn’t… I’m just being selfish.
    ダメかな。私わがままが過ぎるかな。
  167. H: Setsuna…
    せつな。
  168. S: Yes, I am. You’re out and about, and all… I’ve always been good at making unreasonable requests, haven’t I? I’m sorry. I got all worked up and carried away on my own…
    そうだよね。はるき君は外にいるんだし、無茶ぶりもいいところだよね。ごめんなさい、こっちで勝手に盛り上がっちゃって。
  169. H: Oh, um—well, I’ve got a bottle of water right here, if that works…
    あー、あー、ペットの水なら手元にあるけど、それでよければ。
  170. K: (mutters) Well-prepared, as always.
    準備のいい奴だな、相変わらず。
  171. S: Thank you, Haruki-kun. Well, then…
    ありがとうはるき君。それじゃあ。
    (15:00)
  172. H: Yeah.
    うん
  173. S: Cheers!
    カンパーイ!
  174. H: Cheers.
    乾杯。
  175. S: To you, Haruki-kun.
    うん、はるき君に。
  176. H: To you, Setsuna.
    ああ、せつなに。
  177. S: And… to Kazusa.
    それと、かずさに。
  178. H: Huh?
    え?
  179. S: Cheers, to the one who’s so dear to us.
    私たちの大切な人に、乾杯。
  180. H: (whispers to Kazusa) Um… Setsuna is toasting you, too.
    あの、せつながお前にも乾杯だって。
  181. K: You don’t have to give me the play-by-play.
    いちいちそんなこと報告するな。
  182. H: I mean, I’d like to do this with you, too, if that’s all right. Come on—cheers!
    いや、できれば、お前も一緒に。ほら、カンパーイ!
  183. K: You’ve got a lot of nerve…
    お前、いい度胸してるな。
  184. S: Huh? There is somebody with you, isn’t there? I’m so sorry, am I interrupting?
    あれ、やっぱりそっち誰かいる。ごめん私邪魔しちゃった?
  185. H: No, there’s nobody here at all.
    ああ、いないよ、全然。
  186. K: Yep, I’m leaving.
    やっぱり帰る。
  187. S: All right. Good night, Haruki-kun. For real this time.
    それじゃあ、今度こそお休みなさいはるき君。
    (16:00)
  188. H: Y-yeah, good night, Setsuna. Hey, wait, Kazusa! Let me talk to you!
    あ、ああお休みせつな。なあ、ちょっと待てかずさ。話を聞いてくれ。
  189. K: Why should I listen to you?
    聞く耳持てるか。
  190. H: Look, you—hey, there’s nothing I can do about this situation…
    いやー、おまえ。しょうがないだろ、今の状況じゃ。
  191. K: Don’t talk to people who aren’t there.
    いない人間に向かって話しかけるな。
  192. H: I’m telling you, you’re wrong! …I mean, you’re not wrong, but… anyway, calm down.
    だから違うんだって。いや違わないけど、とにかく落ち着け。
  193. K: Let go of me.
    離せ。
  194. H: Wait, Kazusa.
    ちょっと待てってかずさ。
  195. K: What the hell do you want? You are despicable.
    何か用か。最低のくず。
  196. H: I can’t exactly deny that, but… ow.
    確かに否定できないけど、ひどいよ。
  197. K: Ugh, I should never have come back to Japan. All my beautiful memories are ruined now.
    あー、もう本当に日本になんか帰って来るんじゃなかった。あたしの美しい思い出がめちゃくちゃだよ。
  198. H: You don’t think it’s a little embarrassing to call them “beautiful”?
    自分で美しいとか言っちゃうのってちょっと痛いとか思わない?
  199. K: Shut up. Who do you think made me this kind of woman?
    うるさい、こんな女に誰がしたと思ってるんだ。
  200. H: Look, I apologize. I’ll keep apologizing until morning. Please, just listen to me!
    ああ、だから謝るから、朝までずっと謝るから。お願いだから話を聞いて。
  201. K: No, thanks. I’m leaving. I’m going back to Vienna right now!
    嫌だ帰る、今すぐウィーンに帰ってやる。
  202. H: (phone rings. Kazusa grunts in irritation; Haruki groans.) Again? Now?! (he picks up.) Sorry, Setsuna, I’m busy right now—
    こんな時にまた。ごめんせつな、今立て込んでて。
  203. S: No time for that! This is serious, Haruki-kun!
    それどころじゃないよ!大変だよはるき君。
    (17:00)
  204. H: Whoa, what is it? What are you so excited about? Are you drunk already?
    おお、どうしたんだよそんなに興奮して。もう酔った?
  205. S: I’m telling you, this is amazing! Listen!
    だって、だって本当にすごいんだよ。聞いてよ。
  206. H: Yes, I’m listening. So, what on earth…?
    うん、だから、いったい何の。
  207. S: White Album 2 is going to be adapted into an anime!
    ホワイトアルバム2、テレビアニメ化決定だよ!
  208. H: What did you…?
    何だって。
  209. K: Seriously?
    マジかよ。
  210. S: Seriously! Just now, I got an email from Aquaplus saying the anime version has been confirmed!
    マジだよ!つい今さっき私の所にアクアプラスさんからアニメ化決定のメールが来たんだよ!
  211. K: We’re going to be made into an anime…? Wow. We really did it, Setsuna.
    アニメになるのか、私たち。そうか、やったなせつな。
  212. S: Yup, the day has finally come, Kazusa! Let’s keep doing our best!
    うん、とうとうこの日が来たね、かずさ。頑張ろうね、これからも。
  213. H: Phew, that’s a relief. The anime adaptation, of course, but also that you two have made up. But—hang on! Why are you two talking to each other directly?!
    はあ、良かった。アニメ化もだけど、何より二人が仲直りしてくれて。って、ちょっと待て。君らどうして直接会話してるの?
  214. S: What, you’re still concerned about the phone conversation setting at this point?
    えー今さら電話してる設定とか、どうでもよくない。
  215. K: Now that Aquaplus has been fully brought into it…
    アクアプラスとか思いっきりいっちゃてるしな。
    (18:00)
  216. H: But—isn’t it a little point-blank, just bringing it up like that?
    いやーそういう事言いだしちゃったら、身も蓋もないでしょう。
  217. S: Anyway, I’ll read out the email from Aquaplus now. “Good evening to all of you who have come across the White Album 2 Special Encore. We are Aquaplus. Thank you for your constant, passionate support of White Album 2. It is because of your ardent feelings of love and support that we will finally be able to realize this dream of ours. White Album 2, the TV anime, is scheduled to be broadcast in the fall of 2013. Today, full of gratitude, we bring all of you the first glance at the latest information on the production of the White Album 2 anime. Well, but to start, we’d like to give just a small introduction of our principal staff. First of all, our series organizer and scenario writer, Fumiaki Maruto. As you already know, Fumiaki Maruto was in charge of the scenario for the original game. This time, he will be making his first try at an anime scenario. He alone will be writing the whole story, from start to finish. He will be working hard to make it even more fun, bittersweet, and full of all sorts of twists, turns, and sudden complicated developments than the game, so please look forward to it.
    とにかく、アクアプラスさんからのメールを今から読み上げるね。ホワイトアルバム2スペシャルアンコールにお越しいただいた皆さん、こんばんは。アクアプラスです。いつもいつも、このホワイトアルバム2という作品に熱い声援をありがとうございます。この作品を愛し、応援してくれている皆さんの熱い気持ちのおかげでとうとう私たちの一つの夢が実現します。ホワイトアルバム2、テレビアニメ、2013年秋放送予定です。今日は感謝の気持ちを込めて、どこよりも早く、皆さんにアニメ版、ホワイトアルバム2の最新情報をお届けします。(19:00)と言っても、本のすこーし主要スタッフ紹介だけですけどね。という訳で、まずはシリーズ構成アンド脚本。マルトフミアキ。言わずと知れたゲーム本編のシナリオを担当したマルトフミアキは、今回アニメーションの脚本に初挑戦。初回から最終回まで全話を一人で書き上げます。ゲームの時以上に楽しくて、甘酸っぱくて、そして急転直下でどん底に突き落とすようなどろどろの展開盛りだくさんで頑張りますので、お楽しみに。
  218. H: He’s still not going to restrain himself doing the anime, after everything he pulled in the game?
    ゲームであれだけやらかしておいて、アニメでもまだ自重しない気かよ。
  219. K: What kind of sadist is he?
    どんだけSなんだよ、あの人。
  220. S: Next, the musical director, Naoya Shimokawa. A familiar face around Aquaplus who worked as the musical director for the original game, Naoya Shimokawa will be directing the production of all music for the anime, including vocal tracks. It will all be delivered by 100% Aquaplus Sound, preserving the atmosphere of the game music and in even better quality.
    続きまして、音楽監督、シモカワナオヤ。(20:00)お馴染みアクアプラスの顔にしてゲーム本編の音楽監督を務めたシモカワナオヤがボーカル曲含め、アニメ内でのすべての音楽制作の指揮を執ります。ゲームそのままの雰囲気をゲーム以上のクオリティに乗せて、100%、アクアプラスサウンドでお届け致します。
  221. K: Mm, that sounds just like Shimokawa-san. Ever since he used me for Yuma in To Heart 2, I knew he was a competent director.
    ん、さすがはシモカワさんだな。ツーハートツーであたしをユマに起用した時から出来る社長だと思ってたよ。
  222. S: Naba-san, Naba-san, you aren’t commenting as Kazusa any more.
    なばさん、なばさん、それもうかずさのコメントじゃないから。
  223. H: Ah, you’re hopeless, Hitomi.
    もーしょうがないなー、ひとみは。
  224. K: (whining) Hey, don’t call me “Hitomi”! …I mean, (returns to Kazusa voice) I’m Kazusa.
    ヒトミっていうな―。じゃなくて、私はかずさだ。
  225. S: And, finally, the animation studio, Satelight Inc. Satelight is always at the cutting edge of the industry for their action shows, like Macross Frontier and AKB0048. This time, they will be departing from their usual design to depict a quiet human drama in winter, with care and grace, so please look forward to that.
    そして最後は、アニメーション制作、株式会社サテライト。マクロスフロンティアやAKB0048等、アクション作品で常に業界の最先端を走り続けるサテライト。(21:00)今回はいつもと趣向を変え、静かな冬の人間ドラマをじっくり、そしてしっとりと描いていきますので、どうぞお楽しみに。
  226. K: Wow. There are some pretty amazing names making this, Setsuna.
    へえ、すごいところが作ってくれるんだな、せつな。
  227. S: Yeah, seriously! I’m already looking forward to seeing how we move around. Right, Haruki-kun?
    うん、本当!私たちがどんな風に動くのか、今から楽しみだね。ねっ、はるき君。
  228. H: Y-yeah.
    う、うん。
  229. K: What’s wrong with you? You seem down.
    どうしたんだよ、なんか元気ないな。
  230. S: You aren’t happy about being made into an anime?
    アニメ化されるの嬉しくないの?
  231. H: That’s not it. I’m thrilled! It’s just…
    そんな事ない、めちゃくちゃ嬉しいよ。けど・・。
  232. K: It’s just… what?
    けど、何だよ。
  233. H: Well, unlike the game, an anime only has one ending. Which means that, this time… (he starts to raise his voice in agitation.) I have to pick just one girl!
    だって、アニメだと、ゲームと違って、結末は一つだよな。という事は俺、今度こそ誰か1人だけを選ばなくちゃならないじゃないか!
  234. S: Ah…
    あー。
  235. K: So, you’re still completely unresolved where that’s concerned.
    まだ全然迷うんだ、そこ。
    (22:00)
  236. H: Of course I am! There are five heroines, so I can’t possibly decide that easily!
    当たり前だろ!ヒロイン5人もいるのに、そう簡単に決められる訳ないじゃないか。
  237. S: Declaring something so pitiful, so openly…
    そんな情けない事堂々と宣言されてもね
  238. K: No one said this would be going to the end in the first place.
    だいたい、ラストまでやるとも全然言ってないし。
  239. H: What am I supposed to do? I love both Setsuna and Kazusa, so I can’t choose between them, but things are so serious with both of them… Still, we’ve been together for so long, so breaking up would be difficult, too…
    どうしよう、俺、せつなもかずさも愛してるから選べないし、そもそも二人とも重すぎるしなあ。けど付き合い長いから、別れるのも色々大変だし。
  240. S: Let’s get going, Naba-san.
    行こっか、なばさん。
  241. K: Yes. We can leave Daijuu-san* behind.
    そうだね。だいじゅさんはほっとこう。
  242. H: (freaking out:) Aaargh, maybe I should just… go with Koharu? Gah, but Mari-san would be hard to let go… Ummm, but Chiaki-san is a bit… No, but that’s a good thing, too… aaah, but, agh—Io! No, not Io, she’s got Takeya… Aaah… (he continues to mutter to himself.)
    ああああ、ここはやっぱりコハルにすべきか。ああ、マリさんも捨て難いし。あー、でもチアキはちょっとな。いやでもそこが良かったりし、ああ、でも、ああ、いお、ああいおはだめだ、たけやだし。ああ。