Kazusa Mini After Story Script

 

Chapters:

number_1_blue-256

  1. Miyoko
    “Yes, it’s about time for them to come out of the gate.”
    美代子
    「ええ、そろそろゲートから出てくる頃です」
  2. Youko
    “Now, you can’t use a sign board or anything.
    The media might figure it out.
    You’ll just have to do your best to spot them with your own eyes.”
    曜子
    「ページングボードとか使っちゃ駄目よ。
    マスコミにバレるかもしれないから。
    頑張って自分の目で見つけてね」
  3. Miyoko
    “You can count on me!
    I have their faces committed firmly to memory!”
    美代子
    「お任せください!
    お二人の顔なら、しっかり覚えてますから!」
  4. Youko
    “Of course, there’s a chance they might not recognize your face, Miyo-chan…”
    曜子
    「向こうが美代ちゃんの顔忘れてるかもしれないでしょ」
  5. Miyoko
    “…Please don’t say things like that, Director. You’ll make me feel lonely.”
    美代子
    「もう、そういう寂しいこと言わないでくださいよ社長」
  6. Youko
    “Well, anyway,
    since it’s Christmas, there are likely to be crowds, so don’t lose sight of them. ”
    曜子
    「ま、それはともかく、
    クリスマスだし、人多いだろうから見失わないようにね」
  7. Miyoko
    “You’re right. There might be more people around than usual.
    But the gate for leaving the country is where it’s really packed.
    Families, couples, groups of friends…”
    美代子
    「確かに、いつもより人多いかもですね。
    でも、混んでるのは出国ゲートの方ですね。
    家族連れとか、カップルとか、友達同士とか……」
  8. Youko
    “Yes…
    I’m sorry. I shouldn’t have brought up a topic that has nothing to do with you,
    since you’re single, with no boyfriend or friends, and you’re stuck working on Christmas.”
    曜子
    「そう……
    独身で男も友達もいなくて、クリスマスにさえ仕事漬けの
    美代ちゃんに関係のない話をして悪かったわね」
  9. Miyoko
    “And whose fault do you think it is
    that I’m so isolated?!”
    美代子
    「そっち方面から遠ざかってるのは
    誰のせいだと思ってるんですか!?」
  10. Youko
    “I hoped you would be grateful to your employer
    for providing such a convenient excuse.”
    曜子
    「都合のいい言い訳を提供してあげてる雇い主に
    感謝して欲しいくらいなんだけど」
  11. Miyoko
    “…Oh, hey! I found them!
    Excuse me for just a moment.”
    美代子
    「……って、あ~、見つけました!
    ちょっと失礼しますね」
  12. Miyoko
    “Kazusa-saaan! Kitahara-saaan!
    Over here!”
    美代子
    「かずささ~ん! 北原さ~ん!
    こっちですよ~!」
  13. Haruki
    “Get over yourself, Kazusa…
    You can’t keep acting so ridiculously stubborn forever.”
    春希
    「いい加減にしろよかずさ……
    いつまでもつまらない意地張ってんなよ」
  14. Kazusa
    “You’re the one who needs to get over yourself, Haruki!
    I told you, just give me one word of apology and I’ll forgive you.
    Why can’t you even manage something that simple?!”
    かずさ
    「いい加減にするのは春希の方だろ!
    一言謝れば許してやるって言ってるのに、
    どうしてそんな簡単なことすらできないんだよ!」
  15. Haruki
    “I’ll tell you why I can’t do it…
    It’s because, this time around,
    I didn’t do a single thing wrong.”
    春希
    「どうしてそれができないのか教えてやるよ……
    それはな、今回の件に関しては、
    俺に一切の非がないからだよ」
  16. Miyoko
    “Uh, um… Kazusa-saaan…”
    美代子
    「あ、あの~……かずささ~ん……」
  17. Kazusa
    “All right, that’s it. I’m divorcing you!
    It’s a Narita divorce for us!”
    かずさ
    「ええい、離婚だ離婚!
    成田離婚してやる~!」
  18. Haruki
    “You’re using that term wrong.
    The idea of a Narita divorce is derived from “speed divorce.”
    It’s already been several years since we entered our family registry, so that doesn’t apply.”
    春希
    「用法を間違えるな。
    成田離婚ってのはスピード離婚の派生語だ。
    俺たちは入籍してもう何年も経つから当てはまらないぞ」
  19. Kazusa
    “Listen to yourself!
    That petty, nasty, quibbling habit of yours
    is exactly what I hate!”
    かずさ
    「だからお前のそういう
    細かくて意地悪で人の揚げ足ばっか取る態度が
    大っ嫌いなんだよ!」
  20. Haruki
    “Ah, what an honor.
    I didn’t become this kind of person
    because I thought you would like it.”
    春希
    「あ~それは光栄だ。
    別に俺、お前に気に入られたくて
    こういう人間になったんじゃないしな~」
  21. Kazusa
    “Don’t say another word! Don’t talk to me! Don’t speak!
    I never want to hear your voice again!”
    かずさ
    「喋るな! 話しかけるな! 口きくな!
    お前の声なんか二度と聞きたくない!」
  22. Haruki
    “Everything you just said means the same thing.
    We’re back in Japan now, so use proper Japanese.”
    春希
    「だからそれ全部同じ意味だろ。
    日本に帰ってきたんだから正しい日本語を使え」
  23. Kazusa
    “Aaargh! Shut up, shut up!”
    かずさ
    「あ~うるさい、うるさいっ!」
  24. Miyoko
    “…Director…”
    美代子
    「……社長」
  25. Youko
    “Were you able to link up with them?”
    曜子
    「合流できた?」
  26. Miyoko
    “Forget about me… Those two aren’t even linked up with each other.
    Um, on a mental level.”
    美代子
    「わたし以前にお二人が合流できてません。
    えっと、精神的に」
  27. Youko
    “Oh, my.”
    曜子
    「ありゃりゃんりゃん」
  28. Kazusa
    “Well, then, I’m going to sleep in this room.
    …Don’t you dare come in.”
    かずさ
    「じゃ、あたしはこっちの部屋で寝るから。
    ……絶対に入ってくるなよ?」
  29. Haruki
    “Fine. Even if you realize you’re lonely later,
    and come weeping and apologizing to me, I’m not getting into your bed.”
    春希
    「お前こそ『やっぱり寂しい』とか言って、
    後で泣いて謝ってきてもベッドに入れてやらないからな」
  30. Kasuza
    “I am absolutely serious!
    And like hell would I ever do something like that!”
    かずさ
    「するか絶対にするか!
    そんなこと一生するもんか!」
  31. Haruki
    “Fine! Good night!”
    春希
    「じゃあな! おやすみ!」
  32. Kazusa
    “Shut up!”
    かずさ
    「うるさいっ!」
  33. Haruki
    “…Phew.”
    春希
    「……ふぅ」
  34. Finally, after throwing so many parting remarks at me that I lost count,
    Kazusa slammed the door shut and disappeared into the next room.
    最後に、何度目かわからない捨て台詞を口にすると、
    かずさは激しくドアを閉め、隣の部屋へと消えていく。
  35. …I was so glad we decided to go with a suite.
    If there were only one room,
    there would have been an uproar that went far beyond “awkward.”
    ……いやスイートルームにしといて本当に良かった。
    もし部屋が一つしかなかったら、
    気まずいどころの騒ぎじゃない。
  36. Miyoko
    “U-um… Um, um, um…”
    美代子
    「あ、あの……あのあのあの」
  37. Haruki
    “…Sorry, Kudou-san.
    We chose the worst possible time to get into it like this.”
    春希
    「……すいません工藤さん。
    一番やってはいけないタイミングでやってしまいました」
  38. And it wouldn’t have been an uproar that could be excused with a simple apology.
    そして、申し訳ないどころの騒ぎじゃなかった。
  39. This woman, who had kindly shown us to our room while remaining at a distance—
    that is to say, Miyoko Kudo-san, from the Japanese branch of Youko Touma’s office—
    was peering into me, clearly deeply uncomfortable.
    俺たちを、ドン引きしつつ部屋まで案内してくれた先輩、
    というか、冬馬曜子オフィス日本支部の工藤美代子さんが、
    ものすっごい気まずそうな目で俺を覗き込んでいる。
  40. Miyoko
    “For now, you should let things be as they are and get some sleep.
    I’ll be back to see you tomorrow morning.”
    美代子
    「とりあえず、今日のところはこのままお休みください。
    明日の午前中にもう一度お迎えに上がりますね」
  41. Haruki
    “I am truly, truly sorry.
    Please give my apologies to Youko-san, as well.”
    春希
    「本当、申し訳ありません。
    曜子さんにも謝っておいてください」
  42. Miyoko
    “Ah, the director didn’t seem like she was bothered about it at all, so it’s all right.
    …She was actually cracking up over the phone.”
    美代子
    「あ、社長は気にしてない様子でしたから大丈夫です。
    ……電話口で思いっきり笑ってましたから」
  43. Haruki
    “Ha, ha ha, ha…”
    春希
    「は、はは、は……」
  44. So, there were a couple of things to be gleaned from that remark just now.
    えっと、今の発言には二つの意図がある。
  45. First, that Youko-san was still as energetic as ever.
    曜子さんはいまだに元気だということ。
  46. And second, that Kudou-san
    was extremely worried about our fight…
    そして、工藤さんの方は俺たちの喧嘩を
    とっても心配してるということ……
  47. Miyoko
    “Well, good night.”
    美代子
    「それじゃ、お休みなさい」
  48. Haruki
    “Yeah, good night…”
    春希
    「ええ、お休みなさ……」
  49. Miyoko
    “I don’t think I really need to say this,
    but you’re not going to let anything happen while you’re in Japan, right?
    You’ll make up right away, right?!”
    美代子
    「まさかとは思いますが、
    日本にいる間じゅう、なんてことはないですよね?
    すぐに仲直りしますよね!?」
  50. Haruki
    “Aha, ha ha, ha…”
    春希
    「あは、はは、は……」
  51. Kudou-san fixed me with a grim look until the very last moment,
    then shut the door and left.
    工藤さんは扉を閉める最後の最後まで、
    悲壮な表情で俺を見つめ、帰っていった。
  52. Well, I understood how she felt, and it was regrettable,
    but the fact was that, when it came to our latest incident,
    I just wasn’t going to back down that easily.
    まぁ、あの人の気持ちはわかるし気の毒には思うけど、
    俺だって、さすがに今回の一件については
    簡単に引き下がるわけにはいかない。
  53. I may have been part of the company purely for Kazusa’s sake,
    but even as a man, I couldn’t be expected to deal
    with her outrageous selfishness forever.
    たとえ俺が、かずさのためだけの社員であり、
    男であったとしても、いつもいつも、
    その理不尽なワガママを容認するわけにはいかない。
  54. That said…
    Now that I thought about it, our entire trip to Japan
    had been nothing but trouble since the moment we left.
    にしても……
    思い返せば、今回の日本行きは、
    出だしからトラブル続きだった。
  55. And, at the start, it was definitely my fault.
    そりゃ、確かに最初は俺のせいだった。
  56. My on-site meeting before our departure stretched out too long,
    so we were late for our scheduled flight,
    and Kazusa was stranded at the airport for five hours.
    出発前の、現地での打ち合わせが延び、
    予定の飛行機にも乗り遅れ、
    かずさを五時間も空港に足止めしてしまった。
  57. But up until that point, she was normal.
    The problems started after we boarded the plane,
    and the chaos continued through our connecting flight.
    でもまだその時までは、あいつもいつも通りだった。
    問題なのは飛行機に乗ってからというか、
    その後の乗り継ぎを含めてやたらと色々あったことだ。
  58. There were irrational requests midflight,
    like “I can’t sleep. I want pudding.” (That was her.)
    機内で『眠れないからプリンが食べたい』と、
    ないものねだりを始めたり(あいつが)。
  59. There was the fit pitched at the stopover airport
    over a lost wallet at a kiosk. (That was her.)
    中継地の空港の売店で、
    財布を無くしたと騒ぎ出したり(あいつが)。
  60. There was the flipping out
    because at the end of the in-flight romance movie meant as a time killer,
    the two lovers separated. (That was her.)
    目が覚めて、暇つぶしにと恋愛映画を見ていたら、
    愛し合う二人が最後に別れてしまう結末だったので
    ブチ切れたり(あいつが)。
  61. See? The only place I was in the wrong was at the very beginning,
    and absolutely everything else after that was her fault.
    ……ほら、やっぱり俺が悪いのは最初だけで、
    後は全部あいつのせいじゃないか。
  62. …As I grumbled to myself over all of this,
    I twisted the shower faucet, and allowed the hot water to splash over my body.
    ……と、一通り怒りを吐き出すと、
    シャワーの蛇口をひねり、熱いお湯を体にかけ流す。
  63. Haruki
    “…Phew.”
    春希
    「……ふぅ」
  64. I could feel my muscles, stiff after hours and hours of sitting down,
    gradually beginning to relax.
    何時間も座ったままで固まっていた筋肉が、
    じわりとほぐれていくのがわかる。
  65. Haruki
    “…Sorry.”
    春希
    「……ごめんな」
  66. I could also feel my heart, which had been so stubborn this whole time,
    beginning to soften.
    と、さっきまであれだけ頑なだった心の方も、
    じわりとほぐれていくのがわかる。
  67. That’s right. If the very beginning was my fault, then so was the rest.
    I was the one who set the whole thing in motion.
    うん、やっぱり始め悪ければ全て悪し。
    きっかけを作ってしまった俺のせいだ。
  68. This was Kazusa’s first trip to Japan in a long time.
    かずさにとって、久しぶりの日本だったんだ。
  69. …The two of us had made our escape several years before.
    Finally, she had returned to her homeland.
    ……俺と二人で逃げ出してから数年。
    やっと帰ってきた故郷なんだ。
  70. At such an extraordinary moment,
    it was unreasonable for me to demand that everything to go normally.
    そんな特別な瞬間に、
    いつも通りでいろなんて求める方が無茶だったんだ。
  71. And, anyway, the homecoming wasn’t the only problem.
    それに、問題なのは帰郷だけじゃない。
  72. Right now,
    there was an even more extraordinary event waiting for us.
    今の俺たちには、それ以上に、
    いつも通りではいられないイベントが待っているんだから。
  73. Haruki
    “…Yeah.”
    春希
    「……うん」
  74. I was the one who needed to apologize after all.
    よし、やっぱり俺の方から謝ろう。
  75. After getting out of the shower and calming myself down a little,
    I would call, knock, bow my head…
    シャワーから上がって、少し落ち着いたら、
    電話して、ノックして、頭を下げて……
  76. Kazusa
    “Waaaaah! Harukiiiii!
    I’m so lonely!”
    かずさ
    「うわあぁぁぁぁん、春希ぃぃぃ~!
    やっぱり寂しいよ~!」
  77. Haruki
    “Whoa?!”
    春希
    「うわあああっ!?」
  78. …I barely had a moment to think.
    ……なんて、己を顧みる間もなかった。
  79. Kazusa
    “You… You…!
    Were you just relaxing in the shower?!
    How can you just forget all about me and be fine?!”
    かずさ
    「お前、お前さぁっ、
    なに呑気にシャワーなんか浴びてるんだよ!
    あたしのことほっといて平気なのかよ!」
  80. Haruki
    “Forget all about… Come on, I haven’t forgotten all about you yet!”
    春希
    「ほっといてってほどほっといてないだろまだ!」
  81. Kazusa
    “No… Don’t say something so sad…
    I was wrong! I’m sorry, okay? I’ll do anything!
    So don’t abandon me like that…!”
    かずさ
    「やだよ、そんな悲しいこと言わないでくれよ……
    あたしが悪かったよ! 謝るから! なんでもするから!
    だから、そんなふうに見捨てるなよぅ」
  82. Haruki
    “Couldn’t you have stayed angry for a full hour, at least?
    Give me some time to reflect…”
    春希
    「せめて一時間くらい怒りを持続してくれ。
    俺に反省する時間をくれよ……」
  83. Kazusa
    “No… Let me apologize.
    I’m sorry… I’m sorry, Haruki…!”
    かずさ
    「嫌だ……謝らせろ。
    ごめん、ごめんな春希ぃっ」
  84. As I stood there, naked and dripping, Kazusa clung me.
    裸で、濡れたままの俺に、かずさが抱きついてくる。
  85. The shower hadn’t been turned off yet,
    and it rained hot water down onto both of us at once.
    まだ止めていないシャワーから、
    熱いお湯が、二人にまとめて降りかかる。
  86. Haruki
    “Hey, you’re gonna get wet.”
    春希
    「濡れるぞ?」
    かずさ
  87. Kazusa
    “I don’t mind.”
    「いい」
  88. Haruki
    “If you get chilly, you’ll catch a cold.”
    春希
    「このまま冷えたら風邪ひくぞ」
  89. Kazusa
    “Oh, I don’t have to worry about that. You’ll warm me up.”
    かずさ
    「大丈夫、春希があっためてくれる」
  90. Haruki
    “Kazusa…”
    春希
    「かずさ……」
  91. Kazusa
    “…Right, Haruki?”
    かずさ
    「……だろ?」
  92. Even though she got herself soaking wet for such a blatantly lecherous reason,
    Kazusa was just so beautiful, so cute, that I couldn’t resist her…
    そんなみっともない理由でずぶ濡れになったかずさは、
    なのに、綺麗で、可愛くて、どうしようもなくて……
  93. Haruki
    “Mm…”
    春希
    「ん……」
  94. Kazusa
    “Mmm… Ha… Haru… mm…!”
    かずさ
    「ん、んぅ……は、はる、んぅ……っ」
  95. And so, in this tiny hotel bathroom,
    in this completely ridiculous way, with hot water splashing over us,
    we embraced each other, tightly, fervently.
    俺たちは、ホテルの浴場なんて狭い場所で、
    お湯をかぶりながらという馬鹿馬鹿しい状況で、
    強く、激しく抱き合う。

  96. …………
  97. Miyoko
    “Kitahara-saaan, Kazusa-saaan,
    it’s time to get up!”
    美代子
    「北原さ~ん、かずささ~ん、
    そろそろ起きてくださ~い」
  98. Haruki
    “Hnn…”
    春希
    「ん……」
  99. Miyoko
    “Ah, good morning.”
    美代子
    「あ、おはようございます」
  100. Haruki
    “H-hey, good morning.
    Sorry, what time is it?”
    春希
    「あ、ああ、おはようございます。
    ……すいません、今何時ですか?」
  101. Miyoko
    “Umm, it’s just about noon…”
    美代子
    「ええと、そろそろ12時ですけど……」
  102. Haruki
    “Huh? It’s already that late?
    Sorry, I’ll get dressed real qu—Whoa?!”
    春希
    「え、もうそんな時間ですか?
    すいません、すぐ支度し……うぁぅっ!?」
  103. Miyoko
    “…Kitahara-san?”
    美代子
    「……北原さん?」
  104. Haruki
    “S-sorry, it’s nothing… Hey, you.
    Will you quit dozing?”
    春希
    「す、すいません、なんでも……って、おい、
    いつまでも寝ぼけてんなよ」
  105. Kazusa
    “What? I’ve been awake the whole time.
    Mmm…”
    かずさ
    「別に、さっきから起きてるよ、あたし。
    ん、んぅ……」
  106. Haruki
    “Based on what you’re doing, I’d say you’re definitely still half-asleep!
    Hey, whoa, not so hard… Mph!”
    春希
    「やってることが完全に寝ぼけてるだろ!
    あ、こら、そんなに強く……んっ」
  107. Kazusa
    “C’mon… just one more time.”
    かずさ
    「なぁ……もっかい」
  108. Haruki
    “Kudou-san is already just outside the room!”
    春希
    「工藤さんがもう部屋の前まで来てるんだよ!」
  109. Kazusa
    “I’m sure Miyo-chan will be fine with
    waiting just a little longer.”
    かずさ
    「美代ちゃんならもうちょっとくらい
    待っててくれるって」
  110. Haruki
    “No, I wouldn’t assume—look,
    if we run late now, it’s gonna be obvious what we’re doing.”
    春希
    「いや、そういうわけに……っていうか、
    今遅れたら俺たちが何してるかバレバレだろ」
  111. Kazusa
    “So what? It means we’ve made up, right?
    …Anyway, Haruki, you were into it
    all the way until dawn.”
    かずさ
    「いいじゃん、せっかく仲直りしたんだしさぁ。
    ……春希だって、夜が明けるまでは
    ノリノリだったじゃないか」
  112. Haruki
    “That was because you kept begging me for it…!
    Ah! I told you, Kazusa, stop…!”
    春希
    「お前が何度もおねだりするからだろ……っ、
    あ、だから、かずさ、やめ……っ」
  113. Kazusa
    “Nope. I’m not gonna stop.
    Mm… mmm… Haruki… mm, mph… Hah…”
    かずさ
    「やだよ、やめてやんない。
    ん、んぅ……春希、ん、んふ……ふぁっ」
  114. Miyoko
    “…I need to quit this job already.”
    美代子
    「……やめよっかな、この仕事」


number_2_blue-256


  1. Youko
    “So, you chose to neglect your poor mother, who hasn’t seen you in forever,
    in favor of fooling around with your husband, whom you live with.
    …You truly are a thankless daughter.”
    曜子
    「久しぶりに会う母親ほったらかして、
    一緒に住んでる旦那といつも通りイチャつくのを
    優先するなんて……とんでもない親不孝娘ね」
  2. Kazusa
    “Well, what did you expect?
    I’ve had it drilled into every corner of my body
    that I simply can’t live without Haruki.”
    かずさ
    「しょうがないだろ。
    あたしは春希がいないと生きていけないように、
    体の隅々まで調教されちまったんだから」
  3. Haruki
    “H-hey! You don’t have to say it like that!”
    春希
    「人聞きが悪いなおい!」
  4. A lot had gone on today,
    but we completed our meeting with the Japanese branch (Kudou-san) in the afternoon,
    which meant that our “work” in Japan was officially finished.
    今日もまぁ、色々あったけど、
    午後に日本支部(工藤さん)との打ち合わせを済ませ、
    これで日本での“お仕事”はすべて終了した。
  5. …Although, some might consider this event,
    “Dining with the Director,” a legitimate sort of work
    in its own right.
    ……とはいえ、今のこのイベントも、会社的には
    『社長との会食』という立派なお仕事に
    分類されたりするかもしれない。
  6. That said, neither the hostess in question nor the guests
    seemed to be in that sort of frame of mind…
    とはいえ、当のホステスもゲストも、
    そんな感覚はまるでなく……
  7. Kazusa
    “Anyway, Mom, when I was a kid,
    you were never particularly motherly with me. This is just what you deserve.”
    かずさ
    「だいたい母さんは、あたしが子供の頃なんか、
    親らしいこと全然しなかったじゃないか。当然の報いだ」
  8. Youko
    “K-Kazusa… You’re so unforgiving.
    I could die alone in some desolate corner of the world,
    and you wouldn’t care, would you? Ah, me… I didn’t raise you correctly.”
    曜子
    「か、かずさ……なんて容赦のない。
    あなたは私が社会の片隅でひっそりと孤独死しても
    いいっていうのね。ああ……育て方を間違えたわ」
  9. Haruki
    “You’re not wrong there.”
    春希
    「ええ、そりゃもう間違いなく」
  10. Youko
    “…You’re pretty merciless, yourself, Guitar-kun.”
    曜子
    「……ギター君も容赦ないわね」
  11. Kazusa
    “Look, the day before our flight here,
    didn’t I video-chat with you for like five hours?”
    かずさ
    「だいたい、向こうを発つ前の日だって、
    ビデオチャットで5時間も話してたじゃないか」
  12. Youko
    “Ah, now that you mention it, perhaps you did…”
    曜子
    「そんなこともあったかしらね~」
  13. Haruki
    “Don’t forget, Kazusa, this is part of your job…”
    春希
    「かずさは仕事しろ仕事……」
  14. Still, it was a nice, intimate family meal.
    というか、単なる仲の良い親子の食卓だった。
  15. Normally, these two were far, far from each other,
    but, lately, Kazusa had been starting to get a handle on using IT tools,
    and she concentrated on communicating with Youko-san.
    普段は遠く離れ離れの二人だけれど、
    最近では、かずさもITツールをそこそこ使いこなし、
    曜子さんとのコミュニケーションに余念がない。
  16. Youko
    “Well, let’s dispense with all the formal nonsense,
    and raise a toast.”
    曜子
    「ま、堅苦しい挨拶はともかく、
    そろそろ乾杯しましょ」
  17. Haruki
    “Now, would you kindly explain to me
    exactly what part of our conversation up to now has been ‘formal’?”
    春希
    「今までの会話のどこに堅苦しい要素があったのか
    是非とも教えて欲しいんですが」
  18. Kazusa
    “With Haruki thrown into the mix,
    no family gathering could stay formal for long, huh?”
    かずさ
    「春希が混ざってると、
    どんな一家団らんでも肩が凝ってやってられないな」
  19. Youko
    “Really, you should be cursing yourself,
    for choosing to be controlled so rigidly
    instead of being independent, like me.”
    曜子
    「私みたいな自由よりも、
    ガチガチに管理されることを選んだ
    あなた自身の選択を呪うのね」
  20. Kazusa
    “Wanna run that by me again?”
    かずさ
    「言ってろ」
  21. They were making a deeper, longer connection than their time living together,
    as though they were trying to make up for lost time.
    まるで、かつての隙間を埋めようとするかのように、
    同居していた頃よりも深く長く繋がっている。
  22. Youko
    “Say, by the way, is he still rigid?”
    曜子
    「ね、ところで彼ってまだガチガチのまま?」
  23. Kazusa
    “How old do you think we are?
    Obviously, he’s rigid every day.”
    かずさ
    「あんた、あたしたちをいくつだと思ってんだ。
    毎日ガッチガチに決まってんだろ」
  24. Haruki
    “Would you two please refrain from saying things that could easily be misconstrued?!”
    春希
    「親子そろって誤解されるような会話は控えようなぁ!」
  25. …Of course, as someone who had no choice but to be involved
    with these two and their extremely close bond,
    there were probably certain things I was just going to have to endure.
    ……あまりにも仲良く繋がりすぎていて、
    そこに混ざらざるを得ない身としては
    たまったもんじゃないところもないではないけど。
  26. Haruki
    “More crazy-expensive alcohol…”
    春希
    「またド高い酒を……」
  27. Youko
    “Well, why not?
    My daughter and I haven’t been able to spend any time one-on-one in forever.”
    曜子
    「いいでしょ?
    久しぶりの親子水入らずなんだもの」
  28. The wine Youko-san ordered
    was a 1989 Château Haut-Brion.
    曜子さんの頼んだワインは、
    シャトー・オー・ブリオンの1989年ヴィンテージ。
  29. I had only read up on it a little in wine features in magazines before,
    but I had the feeling it could easily run higher than a hundred thousand a bottle.
    前に雑誌のワイン特集で少し調べたことがあるけど、
    多分、十万は平気で超える値がついてるはずだ。
  30. Youko
    “Hey, Kazusa, do you remember?
    This is the same one I ordered
    the first time we ever dined in this restaurant.”
    曜子
    「ね、かずさ、覚えてる?
    これ、私たちが初めてこのお店で食事した時に頼んだのと
    同じものよ?」
  31. Kazusa
    “Why would I remember that?
    You chugged the whole thing down yourself.”
    かずさ
    「覚えてるわけないだろ。
    あんた一人でガブガブ飲んでたんだから」
  32. Incidentally, 1989
    happened to be the year I was born.
    なお、1989年っていうのは、
    偶然にも俺の誕生年でもある。
  33. …No, Youko-san probably chose that vintage
    for a slightly different reason.
    ……いや、曜子さんがこの年を選んだのは、
    微妙に別の理由からだろうけど。
  34. Youko
    “Ah, you’re right. You were still a minor then.
    Blubbering because a boy had dumped you for the first time…”
    曜子
    「あ、そうか、あの時はまだあなた未成年だったわね。
    初めて男にフラれてボロボロ泣き出して……」
  35. Haruki
    “Eh?”
    春希
    「え?」
  36. Kazusa
    “If you say one more word about that, I’m leaving.
    And I’m not talking about going back to the hotel.
    I mean back to Vienna.”
    かずさ
    「それ以上話したら帰る。
    ホテルにじゃないぞ?
    ウィーンに帰るからな」
  37. It seemed to me that this wine-related memory
    was something I would be reluctant
    to delve any deeper into.
    そして、そんなワインにまつわる思い出のエピソードは、
    どうやら俺が深く詮索するのは憚られそうな
    内容みたいだった。
  38. Haruki
    “L-look, even putting aside the price,
    did you get permission from the doctor for this?”
    春希
    「ま、まぁ、値段はともかく、
    ちゃんと医者には許可もらってるんでしょうね?」
  39. Youko
    “Yes, it’s all right as long as I just have a little.
    I have no intention of letting my life go to waste.”
    曜子
    「ええ、少しなら構わないって言われてるわ。
    私だって、命を無駄にするつもりはないもの」
  40. Haruki
    “…Now that you mention it, how has your health been lately?”
    春希
    「……そういえば、最近の体調はどうです?」
  41. Kazusa
    “…”
    かずさ
    「…………」
  42. Youko
    “Well, I’m doing my best.
    I take my treatment very seriously, and I never miss a dosage of my medicine.
    I’ve been following the doctor’s instructions to the letter.”
    曜子
    「ま、頑張ってるわよ。
    真面目に治療もしてるし、薬だって欠かしてない。
    医者に言われたことは全部忠実に守ってる」
  43. Youko-san had been diagnosed with leukemia about three years before.
    曜子さんの白血病が発症したのは、三年くらい前。
  44. At first, in Youko-san’s own words,
    it was the sort of illness where even tomorrow wasn’t guaranteed,
    but she kept at it with persistent treatment, and now, it seemed to be in remission.
    最初は、曜子さんが自身で言う通り、
    『明日をも知れぬ』という症状だったけれど、
    粘り強い治療を続け、今も何とか小康状態を保っている。
  45. Youko
    “Yes, I should at least be able to name my first grandchild,
    stand proud as he enters school, admire his proud form at the coming-of-age ceremony,
    and read a memorial address at his funeral, with the life that I have left. Just watch.”
    曜子
    「そうね、少なくとも、初孫に名前を付けて、
    入学式に立ち会って、成人式の晴れ姿をこの目に収めて、
    お葬式で弔辞を読むくらいには生き永らえてみせるわ」
  46. Haruki
    “Now, that’s just reaching demonic levels.
    Also, would you mind not suddenly bringing up
    the death of our child, who hasn’t even been born yet?”
    春希
    「いやそれもう妖怪レベルでしょ。
    ていうか生まれてもいない俺たちの子供を
    いきなり死なせないでください」
  47. Youko
    “…Well, if you don’t want me to turn into a demon,
    you’d better hurry up and let me see my grandchild’s face, hadn’t you?”
    曜子
    「……私を妖怪に変化させないように、
    早く初孫の顔見せなさいよ?」
  48. Haruki
    “Well, I… I’ll think about it.”
    春希
    「まぁ、その……考えておきます」
  49. In the face of this conversation and its uncertain connection to reality,
    Kazusa quickly changed her brash attitude from before
    and focused quietly on eating her food.
    そんな、実があるんだかないんだかわからない会話の間、
    かずさは、さっきまでのざっくばらんな態度を急に変え、
    黙って料理を口に運ぶ。
  50. To tell the truth, even now, conversations with Youko-san were always like this,
    where there would be plenty of frivolous chit-chat all around,
    but the instant the subject turned to Youko-san’s condition, she clammed up.
    実は今でも、曜子さんと話すときはいつもそんな感じで、
    軽口はいくらでも叩くけれど、
    少しでも病状のことになると、急に口をつぐむ。
  51. Normally, even when she was video chatting with Youko-san,
    they never even touched on the subject of the illness.
    普段、ビデオチャットで曜子さんと話す時も、
    決して病状のことについては触れないらしい。
  52. Well, it wasn’t like I didn’t understand the feeling.
    Actually, maybe I understood it a little too well…
    ま、その気持ちはわからないでもない。
    というか全然わかりまくるけど……
  53. But, the fact was, I needed to know.
    ただ、それでも俺の方は知っておかなくちゃならない。
  54. After all, if some emergency were to arise with Youko-san,
    it would fall to me to take care of Kazusa’s emotional state.
    だって、曜子さんにもしものことがあったとき、
    かずさを精神的に守り抜くのが俺の役割だから。
  55. This was my first duty, above all others—I had made a promise to Youko-san.
    曜子さんとも約束した、俺の、一番の使命だから。
  56. Youko
    “So… Let’s raise a toast to our new family member,
    who may well be born soon.
    You’ll keep it up, won’t you, Kazusa?”
    曜子
    「それじゃ……もうすぐ生まれるであろう、
    私たちの新たな血族に乾杯。
    ほら、かずさも頑張ってね?」
  57. Kazusa
    “I never said I didn’t want to do it, all right?
    I’ve just had a certain greedy manager holding me back.”
    かずさ
    「あたしは嫌がったことなんか一度もない。
    どっかのがめついマネージャーに止められてるだけだ」
  58. Haruki
    “So, like I said… We’ll think about it.”
    春希
    「だから、その……考えておくから」
  59. One of the reasons I hadn’t pressured Kazusa for a child right away
    was so that it wasn’t layered on top of other worries about “when the time came.”
    俺が、今すぐかずさに子供を求めなかった理由の一つに、
    “その時”と重ならせないため、というのがあった。
  60. I didn’t want to burden Kazusa
    with handling a meeting and a parting at the same time.
    出会いと別れの両方が重なる負担を、
    かずさに負わせたくないと思っているから。
  61. In the end, Kazusa was what mattered most to me…
    For her sake, I was prepared to sacrifice Youko-san’s happiness.
    結局俺は、かずさが一番大事で……
    そのために、曜子さんの幸せを犠牲にすることを厭わない。
  62. Although, to Youko-san, it was basically the same thing…
    けれどそれは、曜子さんにとっても同じことで……
  63. Youko-san knew that I had rationally calculated
    when “that time” would come.
    曜子さんは、俺が冷静に“その時”がいつになるかを、
    計算していることを知っている。
  64. She also knew that, at any moment,
    I was prepared to take everything on from her, like a baton pass.
    いつでも彼女から全てをバトンタッチできるように、
    覚悟を決めていることも知っている。
  65. In that sense, I suppose…
    that since we were willing to speak so frankly about these things,
    we really were like a parent and child by now.
    だって俺たちは……
    それくらいぶっちゃけることができるくらいには、
    もう『親子』だった。
  66. Youko
    “So, about that schedule…”
    曜子
    「それで、日程のことなんだけどね……」
  67. Kazusa
    “Seriously? You’re talking about our wedding now?”
    かずさ
    「本気なのかよ? 今さらあたしたちの結婚式って」
  68. Youko
    “Well, yes!
    You haven’t been formally married yet, right?”
    曜子
    「だぁ~ってあなたたち、
    正式なのって挙げてないでしょ?」
  69. With the food still coming and the wine being passed around,
    everyone was starting to speak a little more freely.
    料理も進み、酒も回り、
    皆の口も、今まで以上に滑らかになってきたころ。
  70. In the end, Youko-san
    began to tell us her true purpose in calling us back to Japan.
    ようやく曜子さんは、
    俺たちを日本へ呼び戻した本当の目的について語り始めた。
  71. Kazusa
    “It’s not that rare nowadays to skip having a ceremony.”
    かずさ
    「今どき、式挙げないなんて珍しくないだろ」
  72. Which was to say, the wedding ceremony between me and Kazusa.
    そう、それは、俺とかずさの結婚式。
  73. A ceremony to bless the two of us,
    who had committed the unforgivable act of betraying everything
    and fleeing Japan on our own.
    かつて全てを裏切り、
    二人で日本を逃げ出した俺たちにとって、
    決して許されるはずのなかった、祝福の儀式。
  74. Youko
    “That won’t do at all. You haven’t even given your mother a bouquet yet.”
    曜子
    「駄目よ。親への花束贈呈まだやってないでしょ?」
  75. Kazusa
    “We must be the only family in the world where the parent would pester the child over that.”
    かずさ
    「それを親の方がねだる家庭って他にあるのかよ」
  76. Youko
    “Look, I have whittled my money and life away
    waiting for the day when you would read that letter out loud, tears in your eyes,
    and say, “Mother, thank you for everything you’ve done for me.””
    曜子
    「私はね、『お母さん、今まで本当にありがとう』って、
    あなたが涙ながらに手紙を読み上げるその日のために、
    お金と命を削って長生きしてきたのよ?」
  77. Kazusa
    “Why is your love so twisted…?”
    かずさ
    「なんであんたの愛はそんなに歪んでるんだよ……」
  78. Ever since we had arrived in Vienna, three years ago,
    we had lived with our backs turned on those we used to love before.
    三年前、ウィーンに渡って以来、俺たちはずっと、
    かつて愛した人たちに背を向けて暮らしてきた。
  79. It was six months ago that we finally began to see signs that the snow was melting.
    その雪が解ける兆しを見せたのは、半年ほど前。
  80. Youko-san came to Vienna in spite of her illness, and…
    病をおしてウィーンにやってきた曜子さんと、そして……
  81. Youko
    “The two of you need to hurry up and get yourselves prepared.
    …You knew very well that this would happen,
    and you still came to Japan, didn’t you?”
    曜子
    「二人とも、そろそろ覚悟を決めなさい。
    ……こうなるってわかってて、
    それでも日本に来たんでしょう?」
  82. Kazusa
    “…”
    かずさ
    「…………」
  83. Haruki
    “…”
    春希
    「…………」
  84. Yes, we did know.
    This wasn’t exactly a surprise attack.
    そう、わかってた。
    別に不意打ちなんかじゃない。
  85. Youko-san was definitely the arm-twisting type,
    but, in the end, we hadn’t refused.
    確かに曜子さんのゴリ押しみたいなところはあったけど、
    俺たちは、最後の最後で拒絶しなかった。
  86. There was that sense of guilt, being in the same place as the people we had made unhappy.
    The heavy conscience of looking them in the face so brazenly.
    The memory of the awful way we parted.
    自分が不幸にした人たちと同じ場所にいる罪悪感。
    おめおめと顔向けしてしまう後ろめたさ。
    最悪の別れ方をした、あの記憶。
  87. There was still a lot of pain left in us,
    surrounding our return to Japan.
    そんなふうに、日本に戻る辛さは、
    俺たちの中にまだたくさん残っていたのに。
  88. But there was also the joy of standing once more in the same place as those we loved.
    The undying yearning for the country where we were born and raised.
    The faint hope that maybe, just maybe, we could be forgiven.
    かつて愛した人たちとふたたび同じ場所に立つ喜び。
    生まれ育った国への消えない憧憬。
    少しでも許してもらいたいという淡い期待。
  89. These optimistic feelings, too,
    remained in our hearts.
    そんな甘っちょろい気持ちも、
    俺たちの心の中には、確かにまだ残っていたから。
  90. Youko
    “For now, the schedule and location are a secret.
    …I’ll let you know when the time comes.”
    曜子
    「日程も場所もね、今のところは秘密。
    ……その時になったら知らせるわ」
  91. There was absolutely nothing we could do
    with an outrageous plan like that…
    それは、思いっきりどうしようもない、
    無茶苦茶なプランだったけど。
  92. And yet,
    we couldn’t fault Youko for that outrageousness,
    so we simply gazed into her elated face.
    それでも俺たちは、
    曜子さんのその無茶を咎めることもできず、
    ただ、その得意げな表情を見つめていた。
  93. Youko
    “Until then, go and have your fill of Japan. It’s been such a long time!
    …Why don’t you go and visit your friends?”
    曜子
    「それまでは、久しぶりの日本を満喫してなさい。
    ……友達に会ってきたりとか、どう?」

number_3_blue-512


  1. Haruki
    “Kazusa.”
    春希
    「かずさ」
  2. Kazusa
    “Mm… zzz…”
    かずさ
    「ん、すぅ……」
  3. Haruki
    “Hey, Kazusa… Wake up already. Come on.”
    春希
    「おい、かずさ……いい加減に起きろよ」
  4. Kazusa
    “Hmm…?”
    かずさ
    「ん、ん~……?」
  5. The light shining in through the enormous high-rise hotel window
    was already flooding the entire room.
    高層ホテルのどでかい窓から差し込む光は、
    すでに部屋中に溢れていた。
  6. And somehow, in this blindingly bright room,
    my Sleeping Beauty in the bed had yet to wake up.
    そんな、隅々まで明るい部屋の中、
    未だにベッドの中で目を覚まさない眠り姫。
  7. …Granted, this scene was the same
    regardless of what country we were in.
    ……まぁ、どこの国へ行っても
    変わらない光景ではあるけど。
  8. Kazusa
    “Yawwwwn… Hey, what time is it…?”
    かずさ
    「ふあぁぁぁ~……今、何時ぃ?」
  9. Haruki
    “It’s almost eleven.”
    春希
    「そろそろ11時」
  10. Well, at this point I had no reason to be surprised, or to lament.
    When Kazusa wasn’t playing piano, she was always like this.
    まぁ、今さら驚きも嘆きもしない。
    ピアノを弾かないかずさなんて、いつもこんなもんだ。
  11. Kazusa
    “Why would you wake me up at this ungodly hour?
    At least let me sleep until lunch.”
    かずさ
    「なんでそんな中途半端な時間に起こすんだよ……
    昼飯まで寝かせといてくれよ」
  12. Haruki
    “I’m already starving.
    I want lunch now.”
    春希
    「俺はもう腹減ったの。
    すぐ昼飯食いたいの」
  13. As for me, I had been awake for five hours already.
    Look, even I couldn’t keep looking at this girl’s sleeping face forever…
    Well, no, I wasn’t tired of it, but I seriously was so hungry that I could hardly stand it.
    何しろこっちは起きてからもう5時間くらい経ってる。
    いい加減、ずっとこいつの寝顔見てるのも……
    いや、飽きないけど、空腹に耐えられないのも本当で。
  14. Kazusa
    “Call up room service or something, then. Come on…”
    かずさ
    「じゃ、ルームサービスでも頼めばいいじゃん~」
  15. Haruki
    “No, no. Get up.
    We’re going out.”
    春希
    「いいや起きろ。
    そろそろ出かけるぞ」
  16. Kazusa
    “Wheeere?”
    かずさ
    「どこに~」
  17. Haruki
    “It matters not.”
    春希
    「どこへともなく」
  18. Kazusa
    “What are you, a poet?”
    かずさ
    「詩人かお前は」
  19. Haruki
    “We’re finally back in Japan. We should take advantage of it, right?
    …We did make a promise to Youko-san last night.”
    春希
    「久しぶりの日本、満喫するんだろ?
    ……昨夜、曜子さんと約束したじゃないか」
  20. Kazusa
    “…”
    かずさ
    「…………」
  21. Maybe it was going a little far to call that a “promise,”
    but Kazusa still hadn’t objected in the moment.
    まぁ、あれを約束と言うのかといえば微妙だけど、
    それでもかずさはあの時、嫌だとは言わなかった。
  22. …Of course, she hadn’t out-and-out agreed to it, either, but…
    ……まぁ、わかったとも言わなかったんだけど。
  23. Haruki
    “Let’s have lunch in the lounge, and then we can discuss where to go.
    For now, get dressed…”
    春希
    「ラウンジで飯食って、どこ行くか相談しよう?
    さ、とりあえず着替えて……」
  24. Kazusa
    “I’m not going.
    I’m gonna sleep forever.”
    かずさ
    「行かない。
    ずっと寝てる」
  25. Haruki
    “…You seriously don’t have anything to do?
    Have you miraculously finished all of your work for the year?”
    春希
    「……本っ当に何もすることないんだぞ?
    奇跡的に、今年はもう仕事納めちゃったんだぞ?」
  26. Kazusa
    “I’m just tired of going out.
    I would much rather keep you… inside forever, Haruki.”
    かずさ
    「外出なんて疲れるだけだ。
    ずっと春希の……咥えてた方がいいよ」
  27. Haruki
    “That… That would tire you out even more than going out.”
    春希
    「っ……それは出かけるよりも疲れる」
  28. Kazusa
    “Anyway, I said I’m not going out, so I’m not going.
    Stay here with me, Haruki.
    Why don’t we watch some stupid suspense movie or something together?”
    かずさ
    「とにかくあたしは行かないったら行かない。
    だから春希、お前もここにいろ。
    一緒にくっだらないサスペンスの再放送見よう?」
  29. Haruki
    “If you already know it’s stupid, why would you watch it…?”
    春希
    「くだらないってわかってるなら見るなよ……」
  30. I could keep whining like a child as much as I wanted,
    but I knew Kazusa was never going to say,
    “It’s fine, just go on your own.”
    ここまで子供みたいに駄々をこねてみせても、
    かずさは決して『お前ひとりで行ってくればいいんだ』
    とは言わない。
  31. Kazusa
    “I mean, there isn’t anywhere I want to go,
    or anybody I want to see.”
    かずさ
    「だって、あたしには行きたい場所も、
    会える人も、いない」
  32. Youko
    “Why don’t you go and visit your friends?”
    曜子
    『友達に会ってきたりとか、どう?』
  33. I didn’t know whether Youko’s parting words
    were intentional, whether they were forced,
    or whether she was teasing us.
    曜子さんが最後に漏らしたあの言葉は、
    意図的だったのか、わざとだったのか、
    それとも意地悪だったのか。
  34. …In any case, I was certain she knew exactly what she was talking about.
    ……まぁ、まず間違いなくわかってて言ってたんだよな。
  35. Haruki
    “But, look… You’ve already been…”
    春希
    「でもさ、でも……お前はもう」
  36. Forgiven, is what I wanted to say.
    許されてる、はずなんだ。
  37. In Vienna, six months ago.
    半年前のウィーンで。
  38. A visitor we never imagined.
    An impossible reunion.
    A miraculous reconciliation.
    思いもしなかった来客が。
    ありえない再会が。
    奇跡の仲直りが。
  39. Kazusa
    “But that doesn’t mean…”
    かずさ
    「だからって、さ……」
  40. Haruki
    “You don’t want to see her?”
    春希
    「会いたくないのか?」
  41. Kazusa
    “I do!
    But… I can’t make myself go.”
    かずさ
    「会いたいよ!
    けど、自分から会いには行けないよ」
  42. Haruki
    “Kazusa…”
    春希
    「かずさ……」
  43. Kazusa
    “Even if she’s forgiven me,
    I still can’t forgive myself.”
    かずさ
    「いくら彼女が許してくれても、
    あたしが自分を許せない」
  44. Kazusa
    “I liked her.
    I really admired her.”
    かずさ
    「好きだったんだ。
    本当に、憧れてたんだ」
  45. I knew that.
    そんなのわかってる。
  46. Somehow, she loved someone like me.
    And yet, I…
    だって、俺なんか、愛してた。
    なのに、あんな……
  47. Kazusa
    “What’s your deal, Haruki?
    Are you telling me you’re going to see her?”
    かずさ
    「お前はどうなんだよ、春希。
    会いに、行けるのかよ?」
  48. Haruki
    “I, well…”
    春希
    「そりゃ、まぁ……」
  49. I wanted Kazusa to save me.
    But this wasn’t a situation I could be saved from.
    かずさには救われて欲しい。
    けれど、俺は救われるわけにはいかない。
  50. We really hadn’t grown at all in the past three years.
    Neither I, nor Kazusa.
    本当、三年前からずっと成長しないな。
    俺も、かずさも。

  51. …………
  52. Kazusa
    “Like I said, I’m not going out.”
    かずさ
    「だから、出かけないって言っただろ?」
  53. Haruki
    “It’s just for a walk.
    That should be fine, shouldn’t it?”
    春希
    「ただの散歩だよ。
    それならいいだろ?」
  54. In the end, it took about thirty minutes
    to get the grumbling Kazusa out the door.
    結局、ぐずるかずさを連れ出すのに、
    さらに30分かかり……
  55. We had our lunch without incident, and by the time we exited the hotel,
    the weak winter sun had already passed due south.
    簡単に昼食を済ませ、ホテルを出たころには、
    冬の弱々しい日差しは、もう真南を過ぎていた。
  56. Kazusa
    “And what are we supposed to do if we run into someone?”
    かずさ
    「誰かに会ったらどうすんだよ?」
  57. Haruki
    “Where do you think we are?
    We’re in Tokyo. There are ten million people in this city.
    What are the odds of a coincidence like that?”
    春希
    「お前、ここをどこだと思ってる?
    一千万都市だぞ? 花の都大東京だぞ?
    そんな偶然が起こるとでも思ってるのか?」
  58. Kazusa
    “B-but, look…
    the day that we got here, plenty of people must have seen our faces.”
    かずさ
    「で、でも、ほら……
    前に来日した時は、結構顔がバレててさぁ」
  59. Haruki
    “It’s fine. The Kazusa Touma Boom has long since passed.
    Don’t underestimate the fickleness of the Japanese public.”
    春希
    「大丈夫、もう冬馬かずさブームなんかとっくに去った。
    日本人の飽きっぽさを舐めんなよ?」
  60. Kazusa
    “How can that possibly be okay from a managing standpoint?!”
    かずさ
    「いやそれマネージャー的にはOKなのかよ?」
  61. Haruki
    “I’ve thought of countermeasures for that.
    Anyway, just come with me for a little while.”
    春希
    「それに対策も考えてある。
    とにかく、少しくらい付き合ってくれよ」
  62. Kazusa
    “I don’t wannaaaa!”
    かずさ
    「い~や~だ~」
  63. Kazusa, now fully awake and fed,
    still was loath to move, and clutched at my sleeve,
    forcing me to drag her along.
    すっかり目が覚めて、空腹も満たしたかずさは、
    それでもまだ動くのを嫌がり、俺の袖を掴んだまま
    ずるずる引きずられている。
  64. Nevertheless, with some effort,
    I took Kazusa outside and into Japan.
    それでも俺は、なかば強引に、
    かずさを外に、日本の中へと連れ出していく。
  65. Because…
    だって……
  66. Haruki
    “Ah, here we are. Our first sight-seeing spot.”
    春希
    「ほら着いたぞ、まずは最初の観光スポットだ」
  67. Kazusa
    “Huh? This is… We’re still in front of the hotel.”
    かずさ
    「はぁ? ここって……まだホテルの目の前じゃないか」
  68. Haruki
    “Come on, Kazusa… This scenery isn’t familiar to you at all?”
    春希
    「なぁ、かずさ……お前、この景色に見覚えないか?」
  69. Kazusa
    “Scenery… It’s just the front of Onjuku Station…”
    かずさ
    「景色ったって……ただの、御宿の駅前の……」
  70. Haruki
    “…This same old telephone booth is still here.”
    春希
    「……まだあったんだなぁ、この電話ボックス」
  71. Kazusa
    “Huh?”
    かずさ
    「え?」
  72. Haruki
    “When you were on the run from those reporters,
    you dropped your wallet, your phone, everything…”
    春希
    「取材の記者から逃げ出してさ、
    その時に、財布とか携帯とか全部落っことして」
  73. Kazusa
    “…Ah?!”
    かずさ
    「……あっ!?」
  74. Kazusa
    “I can’t believe this…
    Of all the phone numbers I have, this is the only one I remember…
    What the hell is wrong with me?”
    かずさ
    『ほんとになぁ…
    たった一つ、この番号だけ覚えてるなんて、
    あたしって、なんなんだろ』
  75. Haruki
    “With a ten-yen coin you found, you used this box
    to call my phone…”
    春希
    「拾った百円玉で、お前、このボックスから
    俺の携帯にかけてきてさ……」
  76. Kazusa
    “Whoa, whoa, whoa!
    I’m leaving! I’m leaving now!”
    かずさ
    「わ~、わ~、わ~!
    帰る! やっぱり帰る~!」
  77. Haruki
    “And with a pitiful voice, like an abandoned dog…”
    春希
    「それも、なんか捨て犬みたいに死にそうな声でさ……」
  78. Kazusa
    “Y-you were the one with the pitiful voice!”
    かずさ
    「お、お前だって死にそうな声だった!」
  79. Haruki
    “Well, naturally.
    Because you sounded so pitiful.”
    春希
    「当たり前だ。
    お前が死にそうな声出してたんだから」
  80. Kazusa
    “Rgh…”
    かずさ
    「っ……」
  81. Haruki
    “I rushed over here in a panic,
    and you were soaking wet, shivering violently,
    and I thought, Wow, she really does look like an abandoned dog.”
    春希
    「慌てて掛けつけてみたら、
    お前はびしょ濡れで、ガタガタ震えてて、
    なんだよ、やっぱ捨て犬だったじゃん、って」
  82. Kazusa
    “That’s rich, coming from the owner who abandoned me!”
    かずさ
    「捨てた飼い主が何言ってやがる!」
  83. Haruki
    “Now, don’t turn on me…”
    春希
    「だから開き直るなよお前……」
  84. Kazusa
    “I could say the same to you. Stupid…
    Don’t go saying stuff to set my teeth on edge like that. Not now. Dumbass.”
    かずさ
    「お互い様だろ馬鹿野郎……
    今さら歯の浮くようなこと言うな馬鹿野郎」
  85. Haruki
    “Well, it’s only because, after all this time,
    I still have an idiot with me who keeps pulling the same old line.”
    春希
    「そりゃ、いつまで経っても、
    こんな陳腐な口説き文句に引っかかる馬鹿がいるからだ」
  86. Kazusa
    “That’s because it’s you. Dumbass…”
    かずさ
    「お前だからだ馬鹿野郎……」
  87. Yes, with my best effort,
    I took Kazusa out with me into Japan.
    そう、俺は、なかば強引に、
    かずさを外に、日本の中へと連れ出していく。
  88. I wasn’t going to let us just sink into degeneracy on our own
    the way we had once before.
    だって俺たちは、あの時みたいに
    退廃的に二人で堕ちていくことはしないんだ。
  89. No matter how much we got hurt, how painful it was,
    we would continue to live in contact with the outside…
    どれだけ叩かれても、辛くても
    外と触れ合って生きていくって……
  90. I had decided to keep living,
    even if it meant sometimes hurting others, or being hurt myself.
    傷ついて、傷つけられて、
    これからも生きていくって、決めたんだから。

  91. …………
  92. Haruki
    “Here, have a look in the mirror.”
    春希
    「ほら、鏡はこっちだぞ」
  93. Kazusa
    “Oh, I see. That’s your “countermeasure”…
    Your tastes and methods haven’t changed a bit.”
    かずさ
    「なるほどね、これが“対策”か……
    センスもやり方も、昔と全然変わってないな」
  94. Haruki
    “I made sure to choose things that would go together, okay?”
    春希
    「わざわざ似たようなのを選んだんだよ、全部」
  95. Haruki
    “So, how about it… Kazumi Touno-san?”
    春希
    「どうかな……東野和美さん?」
  96. A comb to decorate her hair, a pair of fashion glasses.
    A scarf and a hat.
    コームの髪飾りと伊達眼鏡。
    それにマフラーと帽子。
  97. And a false name.
    そして偽名。
  98. I had given these to Kazusa three years before.
    And this was where I had given her everything outside of the false name.
    それが三年前、俺がかずさに与えたもの。
    そしてここが、その中でも偽名以外を与えた場所。
  99. A shopping mall in Onjuku, a few minutes’ walk from the hotel.
    ホテルから歩いてすぐの、御宿のショッピングモール。
  100. The arrangement of the stores and the layout had changed just a little bit,
    but all of the stores that had been there when we went shopping before remained.
    少しばかり店の配置やレイアウトが変わっていたけれど、
    あの時買い物をした店たちは、全部残っていた。
  101. Kazusa
    “But… Now that I’m looking at it again,
    glasses really don’t suit me at all.”
    かずさ
    「しっかし、今さら見返してみても、
    全然眼鏡似合わないな、あたし」
  102. Haruki
    “Really?
    I think they look great on you, especially with that hairstyle.”
    春希
    「え~、そうか?
    髪形も含めて、凄く似合ってると思うけどな」
  103. Kazusa
    “That’s because you’re my husband.
    I can’t exactly take your opinion at face value.”
    かずさ
    「そりゃ、旦那のひいき目って奴だ。
    とてもじゃないが真に受けられないね」
  104. Haruki
    “Oh, thanks.”
    春希
    「そりゃ、どうも」
  105. As ruthlessly as she disparaged my aesthetic sensibilities,
    I could tell that she was secretly pleased.
    かずさは、俺のセンスや審美眼を散々に貶しておきながら、
    その誤認識を、実は心地良く受け止めているみたいだった。
  106. Plainly in a good humor,
    and wearing all of the accessories I had purchased for her,
    she began walking ahead of me through the mall.
    見るからに上機嫌で、
    俺が買ったアクセサリを全部つけたまま、
    モールの中を、俺より先に歩き始める。
  107. Kazusa
    “Hey, Haruki, why don’t we go get something sweet?
    I think there’s a Rascal in the underground level.”
    かずさ
    「な、春希、そろそろ甘いもの食べに行かないか?
    ここの地下、確かラスカルがあるんだよ」
  108. Haruki
    “We’ve come all the way back to Japan,
    so why don’t we get red bean soup or something like that?”
    春希
    「せっかく日本に帰ってきたんだから、
    ぜんざいとかどうかな?」
  109. Kazusa
    “All right, we can do that afterward.
    Come on, let’s hurry.”
    かずさ
    「よし、それは二軒目な。
    じゃ、早速行こう?」
  110. Haruki
    “No, hang on. We don’t have to go jumping around from shop to shop.
    If you want pudding, you can save it for when we get back home.”
    春希
    「いや待て、別にはしごしなくてもいいだろ。
    プリンなら帰国してからでも食べられるし」
  111. Kazusa
    “…You are underestimating the smoothness of Rascal’s pudding.
    You can’t even get a texture like that in Europe.”
    かずさ
    「……お前、ラスカルのなめらかプリンを舐めてるだろ。
    あの舌触りは、ヨーロッパでもなかなかないんだぞ?」
  112. Haruki
    “Putting aside whether or not that’s actually true, it’s cold out.
    Why don’t we get something warm?”
    春希
    「それが本当かどうかはさておき、寒いだろ。
    今はなんかあったかいもん食おうぜ?」
  113. Kazusa
    “I told you, I’ll take you there afterward.
    God, you’re fussy.”
    かずさ
    「だから二軒目に連れてってやるって言ってるだろ。
    ワガママな奴だな」
  114. Haruki
    “I could turn that line right back around at you.
    Why don’t we pick up the pudding to-go, and take it back with us?”
    春希
    「その台詞はそっくりそのまま返すとして、
    だったら、プリンはお土産で持ち帰ればいいだろ」
  115. Kazusa
    “No way. I want to eat it now. I am not budging on that.
    I’ll eat three in the shop, and then I’ll have them wrap up twelve more.”
    かずさ
    「駄目だ。今食べたいんだ。絶対に譲れない。
    店で3つ食べて、12個包んでもらうんだ」
  116. Haruki
    “…You won’t have any room for dinner.”
    春希
    「……お前、晩飯食えなくなるぞ?」
  117. Kazusa
    “What are you talking about?
    Dessert goes to a different part of the stomach, you know that.”
    かずさ
    「デザートと食事は別腹だろう。
    何言ってるんだお前」
  118. Haruki
    “…Fine, fine.
    Do whatever you want.”
    春希
    「……もういい、わかった。
    好きにしろ」
  119. Kazusa
    “Oh, that’s right. Once we’ve warmed ourselves up with the red bean soup,
    we’ll have to get ice cream, and then…”
    かずさ
    「あ、そうだ、ぜんざいであったまったところで、
    アイスクリームを食べるとこれがまた……」
  120. Haruki
    “Are you trying to freeze me to death?!”
    春希
    「なんでいちいち俺を冷やそうとすんだよ!?」
  121. Yes, she was definitely in a good mood…
    In fact, maybe she was getting a little carried away.
    本当に、見るからに上機嫌で……
    てか調子に乗りすぎだろ。

  122. …………
  123. Kazusa
    “Mmm, I finally feel like myself again.
    This way, Haruki.”
    かずさ
    「ん~、やっと調子が出てきた。
    さ、こっちだ春希」
  124. Haruki
    “Mrph…”
    春希
    「うぷ……」
  125. Around the time that we left the shopping mall
    and started ambling around the streets of Onjuku,
    our senses of initiative made a complete switch.
    ショッピングモールを出て、
    ぶらぶらと御宿の街を歩き回る頃には、
    俺たちのイニシアチブは完全に逆転していた。
  126. Kazusa
    “Look at you! That’s just pathetic.
    Don’t tell me you’ve got food poisoning just from eating that much?”
    かずさ
    「なんだよ、情けないな。
    あの程度食べたくらいで食あたりか?」
  127. Haruki
    “Food poisoning is usually about the ingredients, not the amount…”
    春希
    「あたったのは主に一種類の成分にだけでな……」
  128. That said, my blood sugar right then must have been at a seriously dangerous level
    というか今、糖尿の検査したら絶対にヤバい。
  129. Still, Kazusa hadn’t eaten the same amount that I had—
    in fact, she had probably taken in twice the amount of sugar.
    What kind of iron digestive tract did she have…?
    けど、かずさの方は同じものどころか、
    多分、俺の倍の量の砂糖を摂取してるはずだった。
    一体どんな消化器官してんだよ……
  130. Haruki
    “H-hey, why don’t we head back toward the hotel?
    We could watch a stupid end-of-year variety show or something.”
    春希
    「な、なぁ、そろそろホテルに戻らないか?
    一緒にくっだらない年末特番のバラエティ見ようぜ?」
  131. Kazusa
    “Why would we watch something if we already knew it was stupid?”
    かずさ
    「くだらないってわかってるもの見てどうすんだよ?」
  132. And so, Kazusa, heedless of the way I was holding my stomach and groaning,
    continued ascending the hard concrete stairs.
    と、かずさは、腹を押さえてる俺の注進を意に介さず、
    どんどん、過酷なコンクリートの階段を上っていく。
  133. Haruki
    “H-hey, seriously, wait…”
    春希
    「だ、だから、ちょっと、待っ……」
  134. Kazusa
    “Come on, just a little more.
    You can do it, Haruki.”
    かずさ
    「ほら、もう少しだ。
    頑張れ春希」
  135. Haruki
    “A little more, and then what—oh.”
    春希
    「もう少しって何が……あ」
  136. And there, right where we came up,
    was a certain building…
    そして、登りきったところで
    その先の建物を見上げると……
  137. Kazusa
    “Just as huge and self-important as ever,
    a hall where you can’t feel a shred of tradition.”
    かずさ
    「相変わらず、でかくて、お高くとまってて、
    伝統のカケラも感じられないホールだな」
  138. Haruki
    “Yeah… Now that you mention it, it was here…”
    春希
    「そっか……そういえばこっちの方だったな」
  139. It was the Onjuku Arts and Culture Hall.
    そこは、御宿芸術文化ホール。
  140. Kazusa
    “Huh? You know this place, Haruki?
    I thought you had never been here before.”
    かずさ
    「へぇ? この場所知ってたのか春希?
    お前は一度も来たことないと思ってたけどな」
  141. Haruki
    “Ack…”
    春希
    「うぐ……」
  142. Yes, the venue for Kazusa Touma’s first public performance in Japan…
    そう、冬馬かずさの、初めての日本公演の……
  143. And for her additional performance, held a mere month later.
    そして、そのすぐ一月後に行われた追加公演の会場。
  144. Kazusa
    “I played here twice,
    but you never once came to see me.”
    かずさ
    「二回もここで弾いたのに、
    お前は一度たりとも聴きに来なかったな」
  145. Haruki
    “I, well…
    Yeah. I’m sorry.”
    春希
    「それは、その……
    ごめん、悪かった」
  146. Tickets sold out immediately for both shows,
    and even now, the additional performance was considered practically legendary.
    チケットは二公演とも即座に完売し、
    特に追加公演の方は未だに伝説級の扱いを受けている。
  147. And… in the end,
    I couldn’t make it to either one of these monumentally valuable concerts.
    そんな貴重なコンサートに、
    俺は結局、一度も足を運ぶことができなくて。
  148. Kazusa
    “Nah, it’s… it’s okay.”
    かずさ
    「いいよ、もう」
  149. Haruki
    “No, but…”
    春希
    「いや、けど」
  150. Kazusa
    “I mean…
    It’s because you didn’t come to either of those concerts
    that you and I are where we are today.”
    かずさ
    「だってさ……
    お前があの時、コンサートに来なかったから、
    今のあたしたちがあるんだし」
  151. Haruki
    “…Yeah, I guess you’re right.”
    春希
    「……うん、そうだな」
  152. There was no point in talking about hypothetical branching futures,
    saying “if such-and-such a thing had happened back then,”
    since we weren’t in any of those branching futures.
    “もしもあの時ああしていれば”なんて、
    分かれた枝の先の未来にいない俺たちには、
    論ずる意味はない。
  153. Right now, I was with Kazusa.
    だって今、俺はかずさと共にいて。
  154. And, even though we had turned our backs on the land of Japan,
    we had been able to return once again.
    そして、一度は捨てた日本の地に、
    もう一度、戻ってくることができた。
  155. We needed no more than this,
    no outcome other than this.
    もう、これ以上の結果も、
    これ以外の結果もいらない。
  156. Kazusa
    “Incidentally,
    my mother once held a concert here, too.”
    かずさ
    「ちなみにさ、
    ここって母さんもコンサート開いたことあるんだぞ?」
  157. Haruki
    “Yeah, I remember.”
    春希
    「ああ、知ってる」
  158. I had even received tickets.
    But I wasn’t able to make it to that one, either…
    チケットだってもらってた。
    結局、その時も行かなかったけどな……
  159. Kazusa
    “Well, I guess it wasn’t as widely talked-about
    as my own concerts, though.”
    かずさ
    「ま、あたしのコンサートの時ほど、
    話題にはならなかったけどな」
  160. Haruki
    “That estimation
    is probably something that should be determined between the two of you, next time…”
    春希
    「その評価に関しては、
    今度、親子水入らずで裁定を下すってことで」

  161. …………
  162. The clock was getting toward ten p.m.
    時計は、そろそろ夜の10時を指そうとしていた。
  163. Kazusa
    “…”
    かずさ
    「…………」
  164. We really had done a whole lot of walking around today.
    今日一日、本当によく歩き回った。
  165. We never set foot on a train or a bus,
    just wandered around the streets of Onjuku, relying on our own memories,
    reminiscing, laughing together, and having a great time all around.
    一度も電車やバスに乗らず、
    ただ御宿の街を、ただ記憶を頼りにさまよい、
    懐かしがり、はしゃぎ、そして笑いあった。
  166. Haruki
    “…”
    春希
    「…………」
  167. But, last of all, we had ended up here.
    けれど、最後のこの場所で。
  168. One street away from the road back to the hotel,
    near the taxi stop at the station.
    ホテルへと帰る道から一本だけ外れた、
    駅前の、タクシー乗り場の近くで。
  169. Our feet stopped automatically,
    and, at last, we started to run low on words.
    俺たちの足は自然に止まり、
    やがて、口数も少なくなった。
  170. Kazusa
    “…Hey.”
    かずさ
    「……なぁ」
  171. Haruki
    “Hm?”
    春希
    「ん?」
  172. Kazusa
    “What are you thinking about?”
    かずさ
    「なに、考えてる?」
  173. Haruki
    “Nothing, really…”
    春希
    「別に……」
  174. Kazusa
    “Liar.”
    かずさ
    「嘘つけ」
  175. Haruki
    “…”
    春希
    「…………」
  176. A bitter smile came to each of our faces.
    俺たちの顔に浮かぶのは、苦い笑み。
  177. It was a warped, pained, faraway expression
    that no one would mistake for a real smile.
    本当に笑っているのかも疑わしいくらい、
    歪んで、苦しげで、そして遠くを見るような表情。
  178. Kazusa
    “We… we really acted stupid.”
    かずさ
    「馬鹿みたいだったな……あたしたち」
  179. Haruki
    “Oh, no.
    We were stupid.
    We were absolute idiots.”
    春希
    「いや違うね。
    馬鹿そのものだった。
    超間抜けだった」
  180. I hadn’t planned on coming here.
    来るつもり、なかったのに。
  181. It was too painful, holding too many memories.
    This was precisely the place I had wanted to avoid.
    懐かしすぎて、痛すぎて。
    ここだけは、避けるつもりだったのに。
  182. Kazusa
    “…Heh.”
    かずさ
    「……ふっ」
  183. Haruki
    “What’s that about?”
    春希
    「なんだよ、急に」
  184. Kazusa
    “Well, I mean…
    God, I remember it now and I just… Ahaha… Aha…!”
    かずさ
    「だって、だってさぁ……っ、
    今思い出してもさぁ、あはは、あは……」
  185. Haruki
    “Quit laughing.”
    春希
    「笑うなよ」
  186. Kazusa
    “You said the same thing then.
    And you sounded like you were about to cry… Ahaha!”
    かずさ
    「お前、あの時もそんなこと言ってたなぁ。
    それも、泣きそうな声でさぁ……あははっ」
  187. Haruki
    “But you were laughing and crying at the same time.”
    春希
    「お前は、笑いながら泣いてたっけ」
  188. Kazusa
    “Ahahahaha… You don’t have to mention that.”
    かずさ
    「あはははは……言うなっ」
  189. Haruki
    “Ahaha…”
    春希
    「あはは……」
  190. We had done a lot of crying here.
    そう、ここは俺たちがたくさん泣いた場所。
  191. This place was full of firsts for us.
    たくさん、初めてを経験した、場所。
  192. The place where we got into a serious fight for the first time.
    初めて、本気で喧嘩をした場所。
  193. The place where I vented my feelings for the first time.
    初めて、俺が想いをぶつけてしまった場所。
  194. The place where Kazusa let her own feelings spill out for the first time.
    初めて、かずさが想いを漏らしてしまった場所。
  195. And…
    そして……
  196. Kazusa
    “Hey.”
    かずさ
    「なぁ」
  197. Haruki
    “Hm?”
    春希
    「ん?」
  198. Kazusa
    “Hey, I said.”
    かずさ
    「なぁってば」
  199. Haruki
    “Yeah, I heard you. What…”
    春希
    「だから、なん……」
  200. When I turned,
    I discovered that Kazusa, who had been watching the road this whole time, just as I had,
    was now staring straight at me.
    ふと振り向くと、
    ずっと俺と同じ方向を……車道の方を見ていたかずさが、
    いつの間にか、俺をじっと見つめてた。
  201. No, she wasn’t just staring at me…
    いや、見つめてた、だけじゃなく……
  202. Kazusa
    “Mm…”
    かずさ
    「ん」
  203. Haruki
    “H-hey, you…”
    春希
    「お前、な」
  204. She wanted me.
    求めてた。
  205. Kazusa
    “You’re more used to it now, aren’t you?
    …With me.”
    かずさ
    「今は、あの時より、もっと慣れてるだろ?
    ……あたしで」
  206. Kazusa
    “Why are you so used to this?!”
    かずさ
    『なんでそんなに慣れてんだよっ!』
  207. This was where our lips met for the first time…
    ここは、二人が初めて、唇を触れ合わせた……
  208. No, really, it was the second time, as I was often reminded afterward.
    いや、本当は二回目だったって、後から聞いたっけ。
  209. The two of us made so many mistakes back then…
    あの時の俺たちは、間違いだらけだったけれど……
  210. And yet, that was when our relationship truly began.
    Since then, we had shared one another’s feelings.
    それでも、俺たちの関係は、あの時から始まった。
    あの時から、お互いの気持ちを、共有した。
  211. Kazusa
    “So… C’mon, one more time. While we’re here.”
    かずさ
    「だからさ……もっかい、ここでさ」
  212. Haruki
    “Everyone is looking at us.”
    春希
    「見てるぞ、みんな」
  213. Kazusa
    “They were looking back then, too.
    But you did it anyway.”
    かずさ
    「あの時だって見てた。
    でもお前は、した」
  214. Haruki
    “I was young then.”
    春希
    「若かったからな」
  215. Kazusa
    “You’re still plenty young.
    So, Haruki…”
    かずさ
    「今でも十分若いって。
    だからさ、春希」
  216. Haruki
    “You sound like a pushy little kid.
    You’re old enough to know better than that now.”
    春希
    「子供みたいなワガママ言うな。
    いい年してみっともない」
  217. Kazusa
    “What?! Hey, I’m still… mmph?!
    M-mmm… ah…”
    かずさ
    「なんだよ、あたしだってまだ……んんっ!?
    ん、んぅ……ん、ぁ」
  218. Haruki
    “Mmm… Kazusa…!”
    春希
    「ん、ん……かずさ……っ」
  219. Kazusa
    “Ha… Haru… mm, mm…”
    かずさ
    「は、はる……んぅんっ、ん、ちゅ……」
  220. And…
    そして……
  221. Kazusa and I,
    there within full view
    of all the people and cars passing by…
    俺とかずさは、
    道行く人を、道行く車を
    視界の隅に捉えておきながら。
  222. We kissed so passionately
    that they all looked away.
    それでも、彼らが目を背けるほどの、
    熱いキスを、交わした。
  223. Here, in the place where we first became accomplices.
    初めて共犯関係を築いた、この場所で。

number_4_blue-512


  1. Kazusa
    “Japanese trains haven’t changed a bit…
    Why is this thing so crowded?”
    かずさ
    「相変わらず日本の電車は……
    なんでこんなに混んでるんだ」
  2. Haruki
    “I don’t think you’ve ridden enough trains anywhere else
    to be making that kind of comparison.
    You don’t go out walking anywhere, you just take taxis.”
    春希
    「そうやって他と比べられるほど、
    向こうで電車乗ってないだろお前。
    ほとんど出歩かないし、タクシーばっかだし」
  3. Kazusa
    “I’ve earned it.
    I don’t have to put up with this nonsense from my manager.”
    かずさ
    「ちゃんと領収証もらってるだろ。
    マネージャーにとやかく言われる筋合いはないぞ」
  4. Haruki
    “You don’t have a bottomless supply of money for “expenses”…
    You and your mother both need to do something about your wasteful habits.”
    春希
    「必要経費だって無尽蔵じゃないんだぞ……
    お前ら親子はもう少し浪費癖をなんとかだな」
  5. Kazusa
    “Oh, we’ll be fine. We have people like you and Miyo-chan for that.
    As long as you two are around, Youko Touma’s office is secure.”
    かずさ
    「大丈夫、そのためのお前や美代ちゃんだ。
    二人がいる限り冬馬曜子オフィスは安泰だな」
  6. …And so, carrying on conversations that had long since departed from any sort of point,
    we gazed out the train window at the scenery that we hadn’t seen in years.
    ……などと、すでに本質とはかけ離れた会話をしつつ、
    俺たちは、数年ぶりの車窓の風景に見入っていた。
  7. It was a few days after we had arrived in Japan—
    December 30th. In two days, the year would be over.
    日本に戻って来てから数日。
    あと二日で今年も終わる12月30日。
  8. We were in the midst of one of our holidays, which, as usual,
    had come up suddenly, with no clear definition or ending point.
    俺たちは相変わらず、突然訪れた、
    宙に浮いたような先の見えない休暇の中にいた。
  9. Train announcement
    “Iwazu-cho. We have reached Iwazu-cho.
    If you are departing, please mind the doors.”
    車内アナウンス
    「岩津町、岩津町です。
    お降りの方はドアにお気をつけください」
  10. Kazusa
    “Here, this is our stop.
    Hurry up.”
    かずさ
    「ほら、降りるぞ。
    さっさとしろ」
  11. Haruki
    “I know that.
    Will you quit pulling on my necktie?
    You know that’s dangerous.”
    春希
    「わかってる。
    わかってるからネクタイは引っ張るなよ?
    あれ危険だからな」
  12. Kazusa
    “Oh, listen to you! Bringing up something from that long ago…”
    かずさ
    「よくもまぁ、そんな昔のこと覚えてるもんだな」
  13. Haruki
    “But if you’re saying that, that means you remember it, too, right?”
    春希
    「そう言えるお前だって覚えてんじゃないか」
  14. Kazusa
    “…”
    かずさ
    「…………」
  15. Haruki
    “Getting caught up in memories?”
    春希
    「懐かしいか?」
  16. Kazusa
    “Of course.
    This was the station I always used, starting when I was a kid.”
    かずさ
    「さすがにな。
    子供の頃からずっと使ってた駅だし」
  17. The place we had decided to visit today was,
    as the train announcer said, Iwazu-cho.
    そんな俺たちが今日訪れたのは、
    電車のアナウンスにもあった通り、岩津町。
  18. The town where Kazusa had lived until she graduated high school.
    かずさが、高校を卒業するまで住んでいた街。
  19. Kazusa
    “Oh, that’s right.
    What are we going to do about presents?
    We can’t just show up empty-handed.”
    かずさ
    「あ、そうだ。
    手土産どうする?
    手ぶらってわけにはいかないだろ」
  20. Haruki
    “I appreciate that you’re considerate enough now to worry about that,
    but couldn’t you have brought it up when we were in Onjuku?
    Around here, there’s nothing but convenience stores.”
    春希
    「そういう気遣いができるようになったのは評価するが、
    御宿にいる時に言ってくれ。
    ここら辺だとコンビニくらいしかないぞ」
  21. Kazusa
    “Haruki, you are underestimating convenience store sweets.
    Times have changed. Nowadays, you can get stuff on a level
    that’s suitable for formal gifts.”
    かずさ
    「春希、お前、コンビニスイーツを甘く見てるだろ。
    昔と違って、十分によそ行きのお土産レベルのものも
    あるんだぞ?」
  22. Haruki
    “You’re just the kind of person who buys stuff like that.
    I’ve got you figured out.”
    春希
    「ただそれ買いだけだろお前。
    そうなんだろ」
  23. And, now…
    そして、今は……

  24. …………
  25. Kazusa
    “…”
    かずさ
    「…………」
  26. Haruki
    “…”
    春希
    「…………」
  27. I already knew, but…
    わかってはいたことだけど……
  28. Seeing it before my eyes like this, I was still at a loss for words.
    こうして目の当たりにすると、やっぱり言葉が出ない。
  29. Because we were looking at a house
    that had once been on the brink of ruin.
    だって、俺たちはかつて、
    廃墟寸前だったこの家を見ているんだから。
  30. No doorplate,
    a for-sale sign,
    the yard overgrown.
    表札がなくなってて、
    売家の看板があって、
    庭は荒れ放題で。
  31. Kazusa
    “It really is just like it used to be.”
    かずさ
    「本当に、元通りなんだな」
  32. Haruki
    “…Yeah.”
    春希
    「……だな」
  33. But now,
    this place was calling up even older memories.
    でも、今のこの場所は、
    その頃よりもさらに古い記憶を呼び覚ます。
  34. The day I looked up at it, astounded by its size.
    その大きさに、呆れて見上げたあの日のことを。
  35. The day I entered it, boggled by its splendor.
    その豪華さに、戸惑いつつ上がったあの日のことを。
  36. And the day that I felt admiration, respect, and sympathy
    for the little girl living alone in that enormous mansion.
    そして、そんな豪邸にたった一人で住む少女に、
    憧れと、尊敬と、シンパシーを感じた、あの日のことを。
  37. Haruki
    “Let’s go.”
    春希
    「行こうか」
  38. Kazusa
    “Yeah.”
    かずさ
    「うん」
  39. Harboring all of these recollections,
    we walked up to the door of the house that had once been hers, and rang the bell.
    そんな、色々な懐かしさを抱えながら、
    俺たちは、かつての彼女の家のチャイムを押した。
  40. …Even the bell sounded just like it had so long ago.
    ……チャイムの音も、昔通りだった。
  41. Youko
    “Oh, how lovely to see you two! It’s been such a long time!
    曜子
    「よく来たわね二人とも、お久しぶり~」
  42. Kazusa
    “We had dinner together yesterday and the day before.”
    かずさ
    「昨日も一昨日も一緒に食事しただろ」
  43. Youko
    “Come, now, Kazusa. That was just diplomacy, a rite of passage,
    a formal engagement!”
    曜子
    「やぁねかずさ、社交辞令じゃない、通過儀礼じゃない、
    お約束じゃない~」
  44. The one who greeted us at the entrance
    was the “current” owner of the house.
    玄関で俺たちを出迎えてくれたのは、
    この家の“現在の”オーナーだった。
  45. Really, she was the one who had owned the house this entire time.
    いや、昔からずっとオーナーではあったんだけど。
  46. Haruki
    “You really did come back.”
    春希
    「本当に、帰ってきたんですね」
  47. Youko
    “Well, in all these years I wasn’t able to sell it, so…”
    曜子
    「まあね、結局何年経っても売れなかったし」
  48. Youko-san had decided six months ago to start living in this house again.
    曜子さんがこの家に再び住むのを決めたのは半年前。
  49. She had spent the entire time since then, up until the past month, reconstructing it,
    and today, finally, she introduced us to it.
    それから先月までかけて改装し、
    今日がやっと、俺たちへのお披露目の日となった。
  50. Normally, Kudou-san and I, who were supposed to oppose things like this,
    would call it a “frivolous expense,”
    and would never let something this self-indulgent slide.
    いつもなら、『経費の無駄遣い』とか言って
    猛反対するはずの俺も工藤さんも、
    このワガママだけは、見過ごさない訳にはいかなかった。
  51. Kazusa
    “It doesn’t seem like anything has changed…”
    かずさ
    「なんか、変わってないな……」
  52. Youko
    “You’re right. I didn’t change a single thing.
    Although, that actually meant it cost more money.”
    曜子
    「変えなかったのよ、全部。
    かえってお金かかっちゃったけどね」
  53. Even the interior was perfectly restored.
    内装も、完全に元通りだった。
  54. The number of times I had set foot in this house
    was limited to a few days.
    俺がこの家に足を踏み入れたのは、
    ほんの数日間だったけれど。
  55. And yet, my childhood experiences in this house remained vividly in my heart,
    causing a great welling-up of nostalgia in me, all at once.
    それでも、一気に懐かしさがこみ上げてくるくらいには、
    俺の記憶の底には、この家の原風景が鮮明に残っていた。
  56. Youko
    “Actually, Miyo-chan and I both live here,
    but for today she decided to go back to her parents’ home,
    saying that she didn’t want to get in the way of the family.”
    曜子
    「本当は美代ちゃんも一緒に住むことになってるんだけど、
    今日は『親子水入らずでどうぞ』って、
    実家に帰っちゃっててさ」
  57. Kazusa
    “She didn’t have to show that much restraint…”
    かずさ
    「別に遠慮しなくてもよかったのに」
  58. Youko
    “It’s true…
    For that girl, going home just means
    having her parents start hounding her to get married.”
    曜子
    「本当にね~。
    あの子、実家に帰ったって、親に『結婚しろ』って
    うるさく言われるだけなのに」
  59. Haruki
    “Maybe you should show a little more restraint. In what you say and do, you know.”
    春希
    「あなたは少し遠慮しましょうね。言動とか」
  60. Well, but back then,
    there wasn’t this sort of amusing mother-and-child rapport happening in this house.
    まぁ、あの頃のこの家には、
    こんな愉快な親子漫才はなかったけれど。

  61. …………
  62. Youko
    “Well?”
    曜子
    「どう?」
  63. Kazusa
    “…Nope. It’s not sweet at all.”
    かずさ
    「……駄目だ、全然甘くない」
  64. Youko
    “How strange.
    I poured so much sugar into it…”
    曜子
    「おっかしいわねぇ。
    こんなに砂糖ぶち込んでるのに」
  65. Kazusa
    “Why not try adding some maple syrup, just to see?”
    かずさ
    「試しにメープルシロップ入れてみるか?」
  66. Youko
    “Oh, now it looks like starch syrup.
    Well, I guess we’ll leave this the way it is…”
    曜子
    「あら、なんか水飴みたいになってきたわね。
    ま、これはこれで……」
  67. Haruki
    “No, when you’re simmering the black beans,
    you should give them a bit more time over a low flame…
    If you boil them down that much, the husks will crack…”
    春希
    「いや、黒豆を煮るのはさ、
    もうちょっと弱火で時間をかけて……
    だいたい、そんなに煮詰めると皮が破れて……」
  68. Kazusa
    “Cut it out with the back seat driving.”
    かずさ
    「口だけ野郎は黙ってろ」
  69. Youko
    “Honestly, men are always like this…
    They hardly ever do any of the cooking,
    but they’re more than ready to complain!”
    曜子
    「ほんと、男ってこれだから……
    普段料理なんかしないくせに、
    文句だけは一人前でね~」
  70. Haruki
    “I do more cooking than you two!
    Why don’t you let me help you?!”
    春希
    「あなたたちよりはやってるよ!
    だから手伝わせてよ!?」
  71. The newly restored kitchen
    was already on the verge of being overrun.
    改装したばかりの真新しいキッチンは、
    今、まさに蹂躙されようとしていた。
  72. A suffocatingly sweet smell hung in the air,
    with a white steam drifting about that almost felt sticky.
    どぎついまでの甘い臭いが立ち込め、
    白くねばつきそうな湯気が漂う。
  73. Ingredients and seasonings were scattered carelessly across the table,
    and it seemed unlikely that anyone would be able to get it all back in order.
    テーブル上の食材や調味料は無造作に散らかりまくり、
    もう、誰の手をもってしても元通りにするのは不可能。
  74. Youko
    “I won’t let you interfere.
    New Year’s cooking
    is something passed down from mother to daughter.”
    曜子
    「あなたは邪魔をしないの。
    おせち料理ってのは、
    母親から娘に受け継ぐものなんだから」
  75. Haruki
    “But if the mother never inherited it in the first place,
    what exactly is she supposed to pass down to the daughter…?”
    春希
    「そもそも受け継いでない母親が
    何を娘に伝えようっていうんですか……」
  76. Kazusa
    “I’m pretty sure the one who said in the first place
    that he wanted to eat New Year’s food this year was you.
    You really are incomprehensible.”
    かずさ
    「だいたい、正月におせち食べたいって
    最初に言い出したのはお前じゃないか。
    ほんと、訳わかんない奴だな」
  77. Haruki
    “I said I wanted to eat it,
    but I don’t recall saying I wanted you to make it…”
    春希
    「食べたいとは言ったけど、
    作って欲しいとは一度も言ってないんだけど……」
  78. Because I knew very well that this was exactly how things would end up.
    だってこうなることはわかってたし。
  79. Once it was time to clean up afterward,
    I knew that both of them would be sick of it.
    きっと後片付けの頃には
    すっかり飽きてるんだろうな……二人とも。
  80. Kazusa
    “Anyway, go take a nap or something.
    I’ll come wake you up when it’s time for dinner.”
    かずさ
    「とにかく、お前はしばらく昼寝でもしてろ。
    夕飯の時間になったら起こしてやるから」
  81. Haruki
    “Fine, fine…”
    春希
    「わかったよ……」
  82. I knew that sticking around and freaking out would just be bad for my nerves,
    so I decided to put off my despair for later
    and leave the living room.
    と、これ以上ハラハラするのも精神衛生上よくないので、
    絶望するのは後回しにして、
    俺はリビングから離れることにした。
  83. Youko
    “Oh? The candied chestnuts for the sweet potatoes have gone missing…
    Hey, Kazusa!”
    曜子
    「あら? 栗きんとん用の甘露煮がなくなってる……
    ちょっとかずさ!」
  84. Kazusa
    “I didn’t eat the last of them.
    I left two.”
    かずさ
    「最後に食べたのあたしじゃないぞ。
    ちゃんと二個残しておいた」
  85. Youko
    “I only popped five of them, myself…”
    曜子
    「私だって五個くらいしかつまんでないわよ?」
  86. Haruki
    “…”
    春希
    「…………」
  87. I had thought that at least they would be able to finish what they were making,
    but it seemed I might need to revise my assessment of the situation.
    少なくとも完成はするだろうと思ってたけど、
    ちょっとばかり認識を改めないといけないのかもしれない。

  88. …………
  89. Haruki
    “Ah…”
    春希
    「あ……」
  90. I descended the stairs into the basement,
    and pushed open the door, which was several times bulkier than normal…
    地下への階段を下りて、
    普通のより数倍は分厚いドアを押し開くと……
  91. And I saw everything precisely as I had seen it long ago.
    そこには、昔と全く同じ光景が広がっていた。
  92. In one corner of the sprawling, meticulously soundproofed studio
    stood a piano by the same maker as Kazusa’s own favorite piano.
    防音の行き届いた、だだっ広いスタジオの片隅には、
    今でもかずさが愛用しているのと同じメーカーのピアノ。
  93. Guitars, drums, a saxophone…
    The space was packed with all kinds of instruments.
    ギターに、ドラムに、サックスに……
    たくさんの種類の楽器が、所狭しと転がって。
  94. The control room, partitioned off with a big soundproofed glass window,
    seemed to have all new equipment.
    大きな防音ガラスの窓で仕切られたコントロールルームも、
    ちゃんと新しい機材が入っているようだった。
  95. …Though I didn’t know whether any of it was actually used.
    ……本当に使うかもわからないってのに。
  96. With this absolute fastidious adherence to the way things were before,
    I couldn’t keep a bewildered smile from coming to my face.
    そんな、あまりにも元通りなこだわりに、
    ついつい、困惑気味の笑みが自然と浮かんでしまう。
  97. Several years before, when I was still a student…
    数年前、俺がまだ、付属の学生だった頃。
  98. In this house, in this room,
    there was only one bitter, lonely girl.
    この家には、この部屋には、
    ひねくれた孤独な少女が一人いただけだった。
  99. That girl seemed to have no interest in others,
    but a certain who was absolutely terrible at playing instruments was the only exception.
    その子は、他人にはまるで関心がない様子だったけれど、
    でも、楽器をへたくそに弾く奴にだけには違ってた。
  100. She took this layabout who wasn’t serious about music,
    brought him to this room,
    and played, and made him play, and hurled abuse at him…
    音楽に真面目に向き合わない不届きものを
    この部屋に連れてきて、
    弾いて、弾かせて、罵倒して……
  101. And, until he could put on a fully-fledged performance,
    she drilled him under her constant supervision.
    そして、いっちょまえの演奏ができるようになるまで、
    つきっきりで鍛えてくれた。
  102. So I, being said layabout,
    relied on that girl, grew dependent on her, shadowed her around.
    だから不届きものの俺は、
    そんな厳しい彼女に頼って、甘えて、つきまとって。
  103. I came to this room so many times, played so many times,
    dozed off so many times, met the morning so many times.
    何度もこの部屋に来て、何度も弾いて、
    何度もうたた寝して、何度も朝を迎えて。
  104. And it took five years, but I at last realized my dream.
    そして五年以上もかけて、夢を叶えた。
  105. That is, my dream of getting close to this bitter girl—
    a dream with a very high hurdle.
    その、ひねくれた少女と仲良くなるという、
    とてもハードルの高い、夢を。
  106. Kazusa
    “Wait, why are you down here?”
    かずさ
    「なんだよ、ここにいたのか」
  107. Haruki
    “Ah…”
    春希
    「あ……」
  108. The moment I heard her voice,
    I awkwardly returned the guitar in my hand
    to its stand.
    その声を聞いた瞬間、
    俺は、自分の手の中のギターを、
    ぎこちなくスタンドに戻した。
  109. Kazusa
    “Huh…”
    So you even have the nerve to revisit this far in.”
    かずさ
    「へぇ……
    よくもまぁ、ここまで再現したもんだ」
  110. Haruki
    “Y-yeah, I guess.”
    春希
    「そ、そうだな」
  111. But Kazusa turned a blind eye
    to my unnatural conduct.
    でもかずさは、そんな俺の不自然な挙動に、
    見て見ぬふりをしてくれた。
  112. Probably…
    because she understood my reason
    for never wanting to play the guitar in front of her again.
    多分だけど……
    俺が、かずさの前で二度とギターを弾かない理由を、
    理解してくれているから。
  113. Kazusa
    “Hey, it’s even tuned correctly.
    That woman’s meticulousness really knows no bounds.”
    かずさ
    「へぇ、ちゃんと調律もしてある。
    あの人の凝り性も大概だな」
  114. But Kazusa,
    not breathing a word of consideration for me,
    stroked the piano affectionately.
    けれどかずさは、
    そんな、俺に対する気遣いをおくびにも出さず、
    懐かしそうにピアノを撫でる。
  115. Haruki
    “This place has a lot of memories for you, huh?”
    春希
    「やっぱ、ここも懐かしいか?」
  116. Kazusa
    “Well, the whole house has a lot of memories,
    but this is the place where I spent the most time while I was in Japan.”
    かずさ
    「ま、どこもかしこも懐かしいけど、
    ここは、日本で一番長い時間を過ごした場所だから、な」
  117. Haruki
    “Huh… Yeah, I guess so.”
    春希
    「そっか……そうだよな」
  118. The piano that was here back then
    was in Vienna now, still at Kazusa’s side.
    昔ここにあった、あのピアノは、
    今はウィーンで、未だかずさの側にあるけれど。
  119. Nevertheless, Kazusa gently greeted this new piano,
    with the same expression she always had when facing the old one.
    それでも、あのピアノに相対するのと同じ表情で、
    かずさは新しいピアノに、軽く挨拶をした。
  120. Kazusa
    “Oh, by the way, Haruki,
    it’s just about time for dinner.
    I came to get you because the pizza’s arrived.”
    かずさ
    「あ、ところで春希、
    そろそろ晩ご飯だぞ。
    今、ピザが届いたから呼びに来たんだ」
  121. Haruki
    “…Weren’t you just in the middle of making something?”
    春希
    「……さっきまで何か作ってなかったか?」
  122. Kazusa
    “I don’t know what you’re talking about.
    New Year’s food is for the New Year.
    Why would you eat it before the year turns over?”
    かずさ
    「わかってないな。
    おせちは正月料理だろ。
    年を越す前に食べてどうする」
  123. Haruki
    “I mean, I figured we could at least have a taste.”
    春希
    「別に、味見くらいしたっていいだろ」
  124. Kazusa
    “Leave it for after tomorrow.
    …I’m gonna rise to the challenge again.”
    かずさ
    「それは明日以降にしろ。
    ……またチャレンジするから」
  125. Haruki
    “…No, you don’t have to do that.”
    春希
    「……いや、いい」
  126. Haruki
    “Well, I’ll go ahead and sleep in the guest room.”
    春希
    「じゃ、俺は客間で寝てきますから」
  127. The three of us sat around the dining table in the living room of the Touma household,
    watching a stupid variety show and grousing about it,
    getting caught up in lively conversations about trivial things.
    冬馬家のリビングで、三人で食卓を囲み、
    くっだらないバラエティを文句言いながら見て、
    くっだらない話に花を咲かせて。
  128. Before, I never could have imagined
    spending calm, idle hours like this,
    with these people.
    こんなふうに、この人たちと、
    穏やかで無駄な時間を過ごすなんて、
    かつては想像もできなかったけれど……
  129. Even so—actually, because of that—
    these precious hours flew by quickly,
    and the clock showed that the date was on the verge of changing.
    それでも、というか、だからこそ、
    貴重で大切は時間は速く過ぎるもので、
    置時計の表示は、そろそろ日付を変えようとしていた。
  130. Soon, it would be the last day of the year.
    いよいよ、今年最後の日へと。
  131. Youko
    “What do you mean? Why don’t you just stay here?
    When we get tired, we can all just sleep in a huddle.”
    曜子
    「何よ、ここにいればいいじゃない。
    眠くなったらみんなで雑魚寝すればいいんだし」
  132. Haruki
    “No, no. This is the first time you two have had to yourselves in a while, so please.”
    春希
    「いえ、今日は久しぶりに親子水入らずでどうぞ」
  133. Youko
    “Aw, are you really going?
    It’s not as though it matters which one of you makes the first move…”
    曜子
    「え~、本当に行っちゃうんだ。
    別にどっち襲っちゃっても構わないのに~」
  134. Kazusa
    “It would matter to me, Mom…”
    かずさ
    「あたしが構うんだよ母さん……」
  135. Youko
    “Oh, my, so serious.
    And to think you’re my child…!”
    曜子
    「うわガチだ。
    我が子ながら引くわ~」
  136. Even now, with the end of the year imminent,
    the mother-daughter banter between the Toumas seemed to know no end.
    なお、どこまで年の瀬が差し迫って来ていても、
    冬馬家の親子漫才はとどまるところを知らなかった。
  137. Haruki
    “Well, Kazusa, I’ll see you tomorrow.”
    春希
    「じゃ、かずさ、明日な」
  138. Kazusa
    “I’ll come to you early in the morning.”
    かずさ
    「朝方にそっち行くから」
  139. Haruki
    “All right. Good night.”
    春希
    「わかった、おやすみ」
  140. Kazusa
    “Good night.”
    かずさ
    「うん」
  141. Full of food, drink, and enjoyable conversation,
    I left the living room,
    feeling a mix of relief, wry humor, and just a little bit of jealousy.
    お酒と食事と、そんな仲睦まじいやり取りでお腹を満たし、
    安堵と苦笑と、そして、ほんのちょっとの嫉妬を交えつつ、
    俺は、リビングを後にする。
  142. The last day of the year was finally at hand.
    And so was…
    いよいよ迫った、今年最後の日のために。
    そして、…………のために。

  143. …………
  144. Youko
    “You two are just sickeningly intimate with each other…
    You caught yourself a nice man.”
    曜子
    「ほんっと、ウザいくらい仲いい夫婦……
    いい男捕まえたわよね、あなたは」
  145. Kazusa
    “I wouldn’t say that.
    He’s petty, irritating, depressing, and cruel.”
    かずさ
    「そんなことないぞ?
    細かくて、うるさくて、鬱陶しくて、酷い奴だ」
  146. Youko
    “Hmm?”
    曜子
    「ふぅん?」
  147. Kazusa
    “But…
    For me, he’s the only man.”
    かずさ
    「ただ……
    あたしにとって、たった一人の男ってだけだ」
  148. Youko
    “…I suppose I just never
    showed my entire hand to a man that way before.”
    曜子
    「……私はそういうふうに、
    男に手札を全部晒すような真似はしなかったけどね」
  149. Kazusa
    “Why?”
    かずさ
    「なんでだ?」
  150. Youko
    “Well, you know, love…
    Ah, maybe I really did go wrong in the way I raised you.”
    曜子
    「いや、だから恋愛ってのはね……
    はぁ、やっぱり育てかた間違えたかしら」

  151. …………
  152. Kazusa
    “…Phew.”
    かずさ
    「……ふぅ」
  153. Youko
    “Want more to drink?”
    曜子
    「もっと飲む?」
  154. Kazusa
    “No, Mom, stop.”
    かずさ
    「母さんはもうやめとけ」
  155. Youko
    “Why don’t we go to bed, then?
    We can share one futon.”
    曜子
    「じゃ、そろそろ寝ましょうか?
    一緒のお布団で」
  156. Kazusa
    “…Even when I was a kid,
    we never did anything like that.
    Why are you trying to put on your “good parent” face now?”
    かずさ
    「……子供の頃だって、
    一度もそんなことしなかったじゃないか。
    なに今になっていい親の顔してるんだよ」
  157. Youko
    “No, no… This is my “scheming mother
    who wants to make her daughter take care of her in her old age,
    even though she was so distant all her life” face.”
    曜子
    「違うわよ……これはね、『今まで子供を
    散々放っておいたくせに、老後の面倒だけは
    見させようって腹黒い親の顔』ってやつ」
  158. Kazusa
    “I…”
    かずさ
    「あたしは……」
  159. Youko
    “Yes, I am a schemer.
    That’s why I arranged this house for you two to come home to.”
    曜子
    「そうよ、私は腹黒いのよ。
    だから、あなたたちが帰る家を、用意したの」
  160. Kazusa
    “I knew it… That’s why you came back here.”
    かずさ
    「やっぱりそのためか……この家に戻ったのって」
  161. Youko
    “Come back any time.
    I’m serious, you know.”
    曜子
    「いつでも戻ってきなさい。
    私は、本気よ?」
  162. Kazusa
    “Mom…”
    かずさ
    「母さん……」
  163. Youko
    “And… This is a big chance for you two, right?”
    曜子
    「それに、これはあなたたちにとってもチャンスよ?」
  164. Kazusa
    “What is?”
    かずさ
    「何がだよ」
  165. Yoko
    “Well, you know, even supposing my illness does go away,
    I’ll be taking off before you do, and that’s a fact…
    And then you’ll have this house, without having to go to any trouble.”
    曜子
    「だって、もし、私の病気が治ったとしても、
    あなたよりも先に逝くのは確実なんだから……
    そしたら労せずにこの家が手に入るわよ?」
  166. Kazusa
    “The only future I can see there is an absolutely crippling estate tax.”
    かずさ
    「莫大な相続税で首が回らなくなる未来しか見えないね」
  167. Youko
    “Then, why don’t you have your darling husband
    take up cormorant fishing, or something, to pay it off?”
    曜子
    「そのくらいは、あなたの愛する旦那に、
    鵜飼いでもして稼いでもらいなさいな」
  168. Kazusa
    “Hey, just to be sure,
    when you say “cormorant”…”
    かずさ
    「なぁ、念のために聞くけど、
    そこで言う『鵜』ってさ……」

  169. …………
  170. Kazusa
    “…No, no. Absolutely not.”
    かずさ
    「っ……やっぱり、無理だよ」
  171. Youko
    “Why not?
    This is where you were born.”
    曜子
    「どうして?
    ここは、あなたが生まれた場所なのよ?」
  172. Kazusa
    “You know very well
    the reason that we can’t stay here…”
    かずさ
    「知ってるだろ?
    あたしたちには、本当はここにいちゃいけない訳が……」
  173. Youko
    “There’s no reason!
    …Not any more.”
    曜子
    「ない!
    ……もう、ない」
  174. Kazusa
    “Mom…?”
    かずさ
    「母さん……?」
  175. Youko
    “There’s no such thing, not for you, nor for him.
    You’ve long since been forgiven.”
    曜子
    「あなたにも、彼にも、もう、そんなものは、ない。
    とっくに、許されてる」
  176. Kazusa
    “B-but, I…”
    かずさ
    「だ、だけど、あたしは……」
  177. Youko
    “I’ve been to their house any number of times.”
    曜子
    「向こうの家に、何度も通ったわ」
  178. Kazusa
    “What…?”
    かずさ
    「え……」
  179. Youko
    “At first, they absolutely refused to see me,
    but they finally let me in the fifth time.”
    曜子
    「最初の頃は全然会ってくれなかったけれど、
    五回目で、やっと家に上げてくれた」
  180. Kazusa
    “Mom…?”
    かずさ
    「母さん……?」
  181. Youko
    “I’ve lost track of how many times we’ve seen each other since then…
    But their daughter helped persuade them, too.
    And so, now…”
    曜子
    「それからも、何度会ったか覚えてないけれど……
    でも、向こうの娘さんも一緒に説得してくれてね。
    それで、今は……」
  182. Kazusa
    “Wh-what are you doing…?”
    かずさ
    「何、やってんだよ……」
  183. Youko
    “What am I doing?
    Really, I should be asking you.”
    曜子
    「『何やってんのよ』ってのは、
    本当は、こっちの台詞なんだけどね」
  184. Kazusa
    “Mom, why would you…”
    かずさ
    「なんで母さんが、そんな……」
  185. Youko
    “Because when a child makes a mess,
    it’s the parent’s job to apologize.”
    曜子
    「そりゃ、子供がやらかしちゃったんだもの、
    親が謝らない訳にはね」
  186. Kazusa
    “I don’t need you to do that for me, Mom.
    I’m an adult now.”
    かずさ
    「そんなこと、母さんがしちゃ駄目だろ。
    だって、あたしはもう、大人なんだぞ?」
  187. Youko
    “However old you may be, you’re still my child.
    Especially where the mental age is concerned, in your case…”
    曜子
    「いくつになっても、子供は子供。
    それにあなたの場合、精神年齢の方は、ねぇ?」
  188. Kazusa
    “…”
    かずさ
    「……っ」
  189. Youko
    “Anyway, it was the first time in a while—
    no, maybe the first time in my life that I’ve ever really felt,
    “Ah, so this is parenting!””
    曜子
    「や~、久しぶり、っていうか、
    生まれて初めて『あ~親やってんな~』って、
    心から実感できた瞬間だったかもね」
  190. Kazusa
    “Stupid… You’re so stupid!”
    かずさ
    「馬鹿……馬鹿ぁっ」
  191. Youko
    “Well, you might be right…
    But, now, there is nothing left in this country to hinder my ambitions.”
    曜子
    「ま、そんなわけでね……
    私の野望を阻むものは、もう、この国にはいない訳よ」
  192. Kazusa
    “U-Ugh…”
    かずさ
    「ぅ、ぅぅ……っ」
  193. Youko
    “So, Kazusa…
    Come back here, all right? Any time…”
    曜子
    「だからかずさ……
    いつでもいいから、ここに帰ってきてよね……?」
  194. Youko
    “Whether you’re holding a concert in Japan,
    visiting for the Lantern Festival or the New Year,
    or just stopping back to visit some old friends.”
    曜子
    「日本でコンサートやったり、
    お盆や正月に帰省したり、
    友達に会いに来る時だけでもいいからさ」
  195. Youko
    “And, what’s more…
    If you ever find yourself feeling just the littlest bit homesick,
    don’t hesitate. Get yourself back here right away.”
    曜子
    「あと、あと……
    ちょっとでもホームシックにかかったりしたら、
    遠慮なく、とっとと帰ってきなさい」
  196. Kazusa
    “Mom… Mom…!”
    かずさ
    「母さん……母さん……っ」
  197. Youko
    “What? Is it sleepy time?
    Come on, let’s share a futon.”
    曜子
    「なぁに? もうおねむ?
    じゃあ、一緒に寝よ?」
  198. Kazusa
    “No…
    Before that… Listen.”
    かずさ
    「ううん……
    その前に、さ」
  199. Youko
    “Hm?”
    曜子
    「え?」
  200. Kazusa
    “Mom…”
    かずさ
    「お母さん……」
  201. Youko
    “What, what?”
    曜子
    「え、え?」
  202. Kazusa
    “Thanks for… taking care of me for so long.”
    かずさ
    「長い間……お世話になりました」
  203. Youko
    “…”
    曜子
    「…………」
  204. Kazusa
    “…”
    かずさ
    「…………」
  205. Youko
    “…Pff…
    Hee hee hee… Ahaha!”
    曜子
    「…………ぷっ、
    く、くくく……あははっ」
  206. Kazusa
    “Wh-what?!”
    かずさ
    「な、なんだよ……」
  207. Youko
    “Wh-what? What do you think?!
    Kazusa! My own Kazusa…
    bowed to me and said, “Thanks for taking care of me!””
    曜子
    「だ、だって、だって!
    かずさが、あのかずさが……っ、
    三つ指ついて『お世話になりました~』だって~!」
  208. Kazusa
    “You were the one acting out of character in the first place!”
    かずさ
    「先に似合わないことやったのそっちだろ!」
  209. Youko
    “Yes, but, but…!
    Ahaha, ahahahahaha…!”
    曜子
    「だってだってだって~!
    あ、あはは、あはははははは~っ」
  210. Kazusa
    “Shut up, shut up!
    Look, I’ll never forget everything you did for me,
    not for the rest of my life, okay?!”
    かずさ
    「うるさい、うるさいっ!
    あたし、あんたがしてくれたこと、
    一生忘れないからな!」
  211. Youko
    “And I, I…!
    I’m never going to forget seeing this side of you, Kazusa!
    Ahahahahahaha…! Phew… Pff… Ahahaha…!”
    曜子
    「私も、私も……っ、
    さっきのかずさ、一生忘れないから~、
    あっははははは~、ひぅっ、ん、あははは……っ」
  212. Kazusa
    “M-mom, you idiot…!
    Hueeeh… Ah, ahahaha…!”
    かずさ
    「か、母さんの、馬鹿……っ、
    ふえぇぇぇ……う、あはははは……っ」

number_5_blue-512


  1. Haruki
    “The sun really does set early around this time of year, huh…”
    春希
    「やっぱこの時期は日が沈むのが早いな~」
  2. Kazusa
    “…Why are you bringing this up now?
    The shortest day of the year in Tokyo was a month ago.”
    かずさ
    「……今さらなに言ってんだ。
    東京で日没が一番早い時期は一月ほども前だ」
  3. Haruki
    “Oh, well, aren’t you smart. In that case,
    that means the sunset should be moving later and later now, right?
    …And yet, look how dark it already is.”
    春希
    「おお、博識だな。ということは、
    今はだんだん日没が遅くなってきてるのか。
    ……にしては暗いな、もう」
  4. Kazusa
    “…Quit sniping at me.”
    かずさ
    「っ……いい加減、嫌味はやめろ」
  5. Haruki
    “Huh? Did it sound like I was criticizing you?
    Of course, I can’t say that waking up after three in the afternoon
    is the sort of thing a responsible adult would do…”
    春希
    「え~、別に俺、お前を責めてなんかいないぞ?
    そりゃまぁ、起きてきたのが午後三時過ぎってのは、
    正直、いい大人としてはどうかと思うけどさ~」
  6. Kazusa
    “Shut up!”
    かずさ
    「うるさいっ!」
  7. It was the 31st of December, New Year’s Eve.
    12月31日、大晦日。
  8. It was the last commemorative day of the year,
    and yet we had already lost eight of the hours left to us.
    今年最後のメモリアルデーにもかかわらず、
    俺たちに残された時間は、すでに八時間を切っていた。
  9. Kazusa had made a lot of big talk about “early in the morning,”
    but by the time she woke up, the sun was already heading west.
    『朝方にそっち行く』と豪語していたはずのかずさが
    目を覚ました頃には、とっくに日は西に傾いていた。
  10. Haruki
    “I mean, you really seem to have fully enjoyed playing the baby.”
    春希
    「随分と甘えることができたみたいだな」
  11. Kazusa
    “I told you, shut up!”
    かずさ
    「だからうるさいって言ってる」
  12. When I woke up, around the usual time,
    Kazusa and Youko-san were in the living room,
    fast asleep in each other’s arms.
    俺がいつも通りの時間に起きたとき、
    リビングでは、かずさと曜子さんが、
    お互い抱き合うようにすやすや眠っていた。
  13. Unable to bring myself to disrupt this charming scene,
    I ordered breakfast at a nearby café
    and waited for them to wake up.
    その微笑ましい光景を壊してしまうのは忍びなく、
    そんな訳で俺は近くの喫茶店でモーニングを頼みつつ
    時間を潰して、二人が起きるのを待った。
  14. …Of course, I hadn’t imagined
    that I would end up having to order lunch, too.
    ……まさかランチまで頼む羽目になるとは
    思わなかったけど。
  15. Kazusa
    “A lot happened.
    Try to sympathize a little.”
    かずさ
    「色々あったんだよ。
    察せよそのくらい」
  16. Haruki
    “Like I said, I’m not blaming you.”
    春希
    「だから、別に責めてなんかいないって」
  17. Kazusa
    “It sure doesn’t seem that way, from your attitude.”
    かずさ
    「とてもそうは思えないんだよ、お前の態度は」
  18. Haruki
    “Oh, that’s… just how I am by default.”
    春希
    「それは……生まれつきだな」
  19. It was true—I wasn’t blaming her.
    I was just envious.
    そう、責めてなんかいない。
    ただ、やっかんでるだけだ。
  20. And…
    そして……
  21. Haruki
    “Hey, Kazusa…
    I want you and your mother to keep getting along like this.”
    春希
    「なぁ、かずさ……
    お前らは、いつまでも仲良く親子やってくれよ」
  22. I wanted Youko-san to keep up her stubborn will to survive.
    And I wanted Kazusa to keep loving her.
    曜子さんには、これからもしぶとく生き残ってほしい。
    かずさには、そんな彼女をずっと愛し続けて欲しい。
  23. Kazusa
    “That’s… kind of a random thing to say.”
    かずさ
    「なんだよそりゃ……訳わかんない」
  24. Haruki
    “Ahaha… I guess so.”
    春希
    「あはは……確かにな」
  25. And well, a part of me was hoping…
    that the two of them could share a bit of that deep, familial sentiment with me,
    even if it was just a small percentage.
    そして、まぁ、二人とも……
    お互いに注ぐ家族の情の、ほんの数パーセントでいいから、
    俺にも注いでくれたら嬉しいなって、思ってる。
  26. That was my wish, as someone who had newly joined the family.
    それが、新しく家族に加わった俺の願いだ。
  27. Kazusa
    “Now, where are we going next?
    Should we get ourselves some soba, watch the Red and White singing context,
    listen to the New Year’s bell, and go visit the shrine?”
    かずさ
    「でさ、今からどこに行くんだ?
    今日は蕎麦食べて紅白見て除夜の鐘聴いて
    二年参り行くんじゃないのか?」
  28. Haruki
    “That is certainly a tempting suggestion,
    but, before that, I’d just like you to come with me for a bit.”
    春希
    「それもかなり魅力的な案だけど、
    その前に、ちょっとだけ付き合ってくれよ」
  29. Kazusa
    “But, you said…”
    かずさ
    「けどお前、そっちは……」
  30. Haruki
    “Please.”
    春希
    「頼むよ」
  31. Because…
    だって……
  32. There was a place
    that we absolutely had to visit before the day was over.
    どうしても今日のうちに、
    行っておかなくちゃならないところがあるから。

  33. …………
  34. Kazusa
    “I knew it…”
    かずさ
    「やっぱり、ここか……」
  35. Haruki
    “Yep…
    The place we attended for three years.”
    春希
    「ああ……
    俺たちが、三年間、通った場所だ」
  36. The attached school at Houjou University.
    峰城大学付属学園。
  37. Kazusa
    “Well, I technically only spent two and a half years here, I guess, but…”
    かずさ
    「あたしが通ったのは、実質二年半くらいだったけどな」
  38. Haruki
    “You delinquent, you.”
    春希
    「グレてたもんなぁ、お前」
  39. Kazusa
    “Oh, god, I just thought about about that pushy committee chair who was in our class
    and now I’m pissed off.
    I’m gonna vent it by kicking you. Hold still.”
    かずさ
    「あ~、なんか、同じクラスにいた
    しつこい委員長のこと思い出してムカついてきた。
    一発蹴らせろ」
  40. This place was our holy ground—the place we had both been thinking of since we arrived,
    but hadn’t been able to set foot in until now.
    二人とも、日本に来てからずっと意識してて、
    けれど今まで、どうしても踏み込めなかった“聖地”。
  41. The place where we first met…
    俺たちの、出逢いの場所……
  42. Kazusa
    “There’s no one around here, though, huh.”
    かずさ
    「にしても、さすがに誰もいないな」
  43. Haruki
    “Well, it’s New Year’s Eve.”
    春希
    「ま、大晦日だしな」
  44. Even though it was a holiday, the main gates of the university campus,
    and those of the school that shared its grounds, were open.
    大学のキャンパスとも敷地を共有してるその場所は、
    大晦日の今日も、正門が閉ざされてはいなかった。
  45. But there was not a soul to be seen,
    and the school buildings stood desolate
    by the light of the setting sun.
    けれど、校庭に人影はなく、
    夕陽に沈んでいきそうな校舎が
    寂しそうに佇んでいるだけだった。
  46. Haruki
    “Let’s get going, Kazusa.”
    春希
    「じゃ、行こうか、かずさ」
  47. Kazusa
    “What, we’re leaving already?”
    かずさ
    「なんだよ、もう戻るのか?」
  48. Haruki
    “What are you talking about? We’ve come all this way to see our alma mater, right?”
    春希
    「何言ってんだよ、せっかく懐かしい母校なんだぜ?」
  49. Kazusa
    “Uh, hey…”
    かずさ
    「あ、おい……」
  50. Kazusa sounded uncertain,
    as though she were feeling hesitant about my decision to set foot inside.
    俺が踏み出した方向に違和感があったのか、
    かずさが少し戸惑ったような声を上げる。
  51. Haruki
    “Come on, why don’t we drop in, just for a bit?”
    春希
    「ちょっとだけ、寄ってこうぜ?」
  52. Kazusa
    “No, wait. That’s trespassing.”
    かずさ
    「いや、待てよ、無断侵入だぞ?」
  53. Haruki
    “It’s fine, there’s nobody here.
    Don’t tell me a delinquent like you is spooked by something this minor?”
    春希
    「平気平気、誰もいないって。
    不良のくせに、この程度のことでビビってんのかよ?」
  54. Kazusa
    “Wha…
    You’re the committee chair!
    Why are you being so lackadaisical about this?!”
    かずさ
    「なっ……
    お前が委員長のくせに
    はっちゃけ過ぎてるだけじゃないか!」
  55. But, in the end, whether it was about her pride as a delinquent,
    or about rebelling against the committee chair,
    she made up her mind and strode on ahead of me…
    けれど最後には、不良の矜持なのか、
    委員長に意地を張ったのか、
    意を決して、強い足取りで俺を追い抜いていく。
  56. Into the attached school.
    付属の、校内へと。

  57. ………
  58. Kazusa
    “Wow, really? 3-E, of all places?”
    かずさ
    「うわ、よりにもよって3-Eか……」
  59. Haruki
    “Better than 1-H.”
    春希
    「1-Hよりはマシだろ」
  60. Kazusa
    “Shut up.”
    かずさ
    「うるさい」
  61. The shoe cupboard was unlocked,
    and there was no resistance or restraint
    preventing us from walking right into the building.
    下駄箱にも鍵はかかっていなくて、
    俺たちは何の抵抗も制止もなく、
    校舎内へと入っていくことができた。
  62. …Maybe there was a part of us
    that felt like we were being careless,
    but today was special.
    ……ちょっとばかり不用心だと思う向きも
    あるかもしれないが、
    今日はまぁ、きっと特別だ。
  63. Kazusa
    “This place really hasn’t changed, huh.”
    かずさ
    「にしても、変わってないな、ここも」
  64. As Kazusa had just muttered before,
    the plate above the classroom read “3-E.”
    さっきかずさが呟いた通り、
    教室のプレートには3-Eと掲げられていた。
  65. Haruki
    “This is where I sat,
    and this was your seat…”
    春希
    「こっちが俺の席で、
    こっちが、お前の席だったよな……」
  66. Kazusa
    “Yeah, that’s right…
    The view out of the window here is familiar.”
    かずさ
    「ああ、そうだな……
    ここからの外の景色、なんか見覚えがある」
  67. And, if my recollections were correct, this was unquestionably
    the same 3-E as it was when we were enrolled.
    そして、俺の記憶が確かなら、ここは間違いなく、
    俺たちが在籍した頃の3-Eと同じ場所で。
  68. Haruki
    “I wonder whether there’s any graffiti left over?
    Musical scores, gripes about the teacher…”
    春希
    「そうだ、なんか落書きとか残ってないかな?
    譜面とか、先生の悪口とか……」
  69. Kazusa
    “There’s probably still something that says, “Kitahara is a dumbass.””
    かずさ
    「『北原の馬鹿野郎』ってのなら残ってるかもな」
  70. Haruki
    “…Seriously? You wrote something like that?”
    春希
    「……そんなこと書いたのかよ?」
  71. There, in the dusky classroom, with nobody else except us,
    our faint memories, long forgotten and sealed away,
    were exposed in a white light, brighter than that of the sunset.
    そんな、俺たち以外に誰もいない夕暮れの教室は、
    ずっと忘れていた、封印していた淡い記憶を、
    その陽光よりも明るい白日の下にさらけ出す。
  72. Kazusa
    “Oh, yeah, countless times.
    Back then, you annoyed the hell out of me,
    and I hated you more than anything in the world.”
    かずさ
    「ああ、数えきれないほどな。
    あの頃のあたしは、お前のことがウザくてウザくて、
    世界で五本の指に入るくらい大嫌いだったんだ」
  73. Haruki
    “I… I actually liked you a lot, back then.”
    春希
    「俺は……その頃からお前のこと、大好きだったけどな」
  74. Kazusa
    “I know that.
    You’re the kind of superficial jackass who falls in love with a girl by face alone.”
    かずさ
    「知ってるよ。
    顔だけで女のことを好きになる軽薄野郎だもんな」
  75. Haruki
    “Well, yeah. That’s why…
    I liked watching you while you dozed off by the window.”
    春希
    「だからさ、俺はあの頃……
    窓際で、お前が寝てるのを見るのが好きだった」
  76. Kazusa
    “That’s rich. You always woke me up.”
    かずさ
    「その割にはいっつも叩き起こしやがって」
  77. Haruki
    “I guess I did.
    Because if I woke you up, that meant I got to see your face.
    …There was no greater reward than that.”
    春希
    「そりゃそうさ。
    だって起こしたらお前の顔が見れたんだぞ?
    ……こんなご褒美、あるか」
  78. Kazusa
    “…Ugh. You’re so annoying and creepy that I can’t even stand listening to you.
    You’ve turned into such an embarrassment.”
    かずさ
    「…………あぁ~、ウザい、キモい、聞いてらんない。
    お前、本当に恥ずかしい奴になったなぁ」
  79. As she said all of these ruthless things,
    Kazusa steadily closed the distance between us,
    and knocked her forehead against my chest.
    そんな酷いことを言う割には、
    かずさは、どんどん俺との距離を詰め、
    その額を、俺の胸にこつこつとぶつけてくる。
  80. Haruki
    “Well, maybe that’s because I’m living with someone
    who constantly makes me say embarrassing things.”
    春希
    「恥ずかしいことばかり言わせたがる奴と
    一緒に暮らしてるせいでな」
  81. Kazusa
    “Still creepy. Knock it off.”
    かずさ
    「そいつもキモいな。大概だ」
  82. Normally, these conversations of ours led to at least one of us laughing really hard,
    and we lost track of whatever we were talking about.
    俺たちの会話は、いつもなら、どっちかが大笑いして、
    途中でうやむやになってしまうような内容だったけど。
  83. But the quiet, reddening, chilly, dim, melancholy twilight
    froze us as we were
    with our sour, shameful memories.
    静かで、赤くて、寒くて、薄暗くて、物悲しい夕暮れは、
    そんな俺たちの酸っぱくて恥ずかしい思い出を、
    凍らせて保存してしまう。

  84. …………
  85. Kazusa
    “This place hasn’t changed, either.”
    かずさ
    「ここもやっぱ変わってないな」
  86. Haruki
    “Yeah…”
    春希
    「そう、だな……」
  87. For some reason, the attached school at Houjou University
    had three music classrooms.
    ここ峰城大学付属学園には、
    どういう訳か音楽室が三つもある。
  88. One of them, Music Room #1, was used by general education students.
    一つは、普通科の生徒たちが使っている第一音楽室。
  89. In the newer school building, on the opposite side,
    was the enormous Music Room #3, for the exclusive use of the music department.
    それと向かいの新校舎に、
    音楽科専用のどでかい第三音楽室。
  90. That left Music Room #2.
    It was a private practice room,
    only available to top-tier music students.
    で、あと一つがこの第二音楽室。
    音楽科の、さらに一番優秀な生徒だけが使える、
    個人練習用の教室。
  91. …That said,
    until a few years ago, it had been used exclusively by a certain delinquent girl.
    ……なんて言いながら、
    数年前まで、とある不良娘の専用教室だった場所。
  92. This was our last destination for the day…
    ここが、今日最後の……
  93. No, our final destination in Japan.
    いや、日本での、最後に辿り着くべき場所。
  94. Haruki
    “Whoa, it’s chilly…”
    春希
    「寒っ……」
  95. When I opened the window, a slightly strong wind
    blew into the classroom and lowered the temperature.
    窓を開けると、少し強めの風が、
    一気に教室の中を冷やしていく。
  96. Kazusa
    “Well, duh.
    It’s New Year’s Eve.”
    かずさ
    「当たり前だ。
    大晦日だぞ」
  97. Haruki
    “Yeah, it’s cold.
    Colder than the day of the school festival.”
    春希
    「うん、寒いな。
    付属祭の時よりも、寒い」
  98. Kazusa
    “Haruki…”
    かずさ
    「春希……」
  99. I leaned out of the window,
    peering into the classroom directly to the right.
    窓から身を乗り出して、
    右隣の教室を覗き込んでみる。
  100. Naturally, the window was shut tightly,
    and there was no guitar music floating out from within it.
    当然ながら、その窓はぴたりと閉じられ、
    中からギターの音が漏れてくることもなかった。
  101. Haruki
    “N-ngh… Cough, cough…
    U-um, Kazusa…”
    春希
    「ん、んんっ、ごほっ、ごほっ……
    あ、あのさ、かずさ」
  102. Kazusa
    “Hey, you’re gonna catch a cold.
    Why don’t you close the window already?”
    かずさ
    「ほら、風邪引くだろ。
    もう閉めたらどうだ」
  103. Haruki
    “N-no, this isn’t a cold…”
    春希
    「い、いや、これは風邪じゃなくて……」
  104. Kazusa
    “What the hell is it, then?”
    かずさ
    「じゃあ、なんだよ」
  105. It was nerves, nothing more.
    ただの緊張、なんだけど。
    Haruki
    “Never mind…
    Uh, um…”
    春希
    「そんなことよりもさ……
    えっと、あの」
  106. Kazusa
    “What is the matter with you right now?”
    かずさ
    「お前、なんか変だぞ?」
  107. Even I was aware that my behavior was strange.
    自分でも、不審な挙動してると思う。
  108. We had finally come all this way,
    but my plan was starting to lose its shape.
    せっかく、ここまでたどり着いたのに、
    そこから先の段取りがグダグダになってると思う。
  109. Haruki
    “U-um… What’s that over there?”
    春希
    「あ、あのさ……その、なんだ?」
  110. Kazusa
    “Seriously, what the hell?”
    かずさ
    「本当に、なんなんだよ?」
  111. Haruki
    “…I want to… listen to you play the piano.”
    春希
    「……かずさのピアノ、聴きたいな」
  112. Kazusa
    “…Here, you mean?”
    かずさ
    「……ここで、か?」
  113. Haruki
    “Y-yeah, here.”
    春希
    「あ、ああ、ここで」
  114. Although, well, what was there to be done about that?
    けど、まぁ、仕方ないだろ。
  115. There was a correct order for things like this.
    ものには、順序ってもんがあるんだから。

  116. …………
  117. As usual, she grumbled and complained,
    about things like how I heard her play all the time,
    or how her fingers wouldn’t be able to move in cold weather like this…
    いつも通り、『いっつも聴いてるだろ』とか、
    『これだけ寒いと指が回らないんだけどな』とか、
    ぶつぶつ文句を言いながら……
  118. But, also as usual,
    in the end, she said, “Okay, but just this once,”
    and quietly began to play.
    けれど、これもいつも通り、
    最終的には『今回だけだぞ』と応えてくれて、
    かずさは、静かに弾き始めた。
  119. The piano that I had heard the whole three years that I attended this school.
    付属に通った三年間、ずっと弾いていたピアノ。
  120. That blessed and cursed piano,
    that kept Kazusa company throughout those three years,
    but also distanced her from her friends.
    三年間、ずっとかずさと共にあり、
    けれどその存在のせいで、かずさから友達を遠ざけた、
    祝福の、そして呪いのピアノ。
  121. Haruki
    “Hey, Kazusa…”
    春希
    「なぁ、かずさ」
  122. Kazusa
    “Hmm?”
    かずさ
    「ん~?」
  123. Haruki
    “When did you figure out
    that I was the one playing guitar next door?”
    春希
    「お前、隣のギターが俺だって、
    いつから知ってたんだ?」
  124. Kazusa
    “I don’t remember anything that far back.”
    かずさ
    「そんな昔のこと、覚えてないな」
  125. The piano that, eight years ago, guided my clumsy guitar playing,
    guided our amateur band,
    guided us to success in the school festival concert.
    八年前、俺の拙いギターを導き、
    俺たちの素人バンドを導き、
    学園祭ライブを成功に導いてくれたピアノ。
  126. And, that night, after the show was finished…
    the piano that rang out even as Kazusa and I had that slight brush with one another,
    and when we had our disagreements.
    そして、ライブがはねた夜……
    俺とかずさが、ほんの少しだけ触れ合って、
    そして、すれ違っていった時にも鳴っていた、あのピアノ。
  127. Haruki
    “Were you playing along because it was me playing the guitar?
    Or did you poke your nose in with other people, as well?”
    春希
    「俺のギターだから合わせてくれてたのか?
    他の奴でも、あんなお節介したか?」
  128. Kazusa
    “I told you, I don’t remember.
    And I don’t really care.
    When I realized has nothing to do with anything.”
    かずさ
    「覚えてないって言っただろ。
    それに、もう、どうでもいい。
    いつだったかなんて、関係ないよ」
  129. Haruki
    “Nothing to do with it, huh?”
    春希
    「関係ない、か」
  130. Kazusa still regretted the betrayal from three years ago.
    かずさは、三年前の裏切りを未だに悔いている。
  131. …But, when it came to our disagreement eight years ago,
    she didn’t show any sign of regret.
    ……けど、八年前のすれ違いに、
    もう後悔の色はない。
  132. She accepted all consequences that were reaching her now,
    both the pains and joys,
    with an easy smile.
    自分に訪れた今の結果を、
    辛いことも嬉しいことも、全て受け止めて、
    軽く微笑む。
  133. Haruki
    “Hey, Kazusa.”
    春希
    「なぁ、かずさ」
  134. Which was exactly why I…
    だからこそ、俺は……
  135. Kazusa
    “Now what?
    I’m playing for you like you asked,
    so quit interrupting me…”
    かずさ
    「今度は何だよ?
    せっかく弾いてやってんのに、
    いちいち邪魔するな……」
  136. Haruki
    “Why don’t we…
    start again, from here?”
    春希
    「俺たちさ……
    もう一度、ここから始めよう?」
  137. I never wanted to let go of that smile again.
    その笑顔を、二度と離さない。
  138. Kazusa
    “…Huh?”
    かずさ
    「……え」
  139. On top of the piano…
    there was a small box, set right in front of Kazusa.
    ピアノの上……
    かずさの目の前に置かれた小さな箱。
  140. Haruki
    “And why don’t we keep on with it, forever?”
    春希
    「そしてこれからも、ずっと続いていこう?」
  141. That gently sparkling, silver light.
    その中で優しく輝く、白銀色の光。
  142. Kazusa
    “What…
    What are you doing, seriously?”
    かずさ
    「なんの……
    なんの、真似だよ?」
  143. The object…
    that Kazusa’s left ring finger still lacked.
    今は、まだ……
    かずさの左の薬指に存在しないもの。
  144. Haruki
    “I’m sorry…
    The truth is, I’ve been going behind your back a little bit.
    …I was in league with Youko-san.”
    春希
    「ごめんな……
    実は、ちょっとだけお前を裏切ってた。
    ……曜子さんと、結託してたんだよ」
  145. Kazusa
    “Then, you mean…”
    かずさ
    「それって、まさか……」
  146. Haruki
    “This is our ceremonial hall.
    Today is that day.”
    春希
    「ここが、式場なんだ。
    今日が、その日なんだ」

  147. …………
  148. Haruki
    “Tomorrow…?
    In Music Room #2…?”
    春希
    「明日……?
    第二音楽室……っ?」
  149. Youko
    “Yes.
    That is where the reception for the Kitahara and Touma families will take place.”
    曜子
    「そ。
    それが北原家、冬馬家披露宴の日程」
  150. Haruki
    “On New Year’s Eve, in a school…
    It must have been hard to get permission.”
    春希
    「大晦日に、学校でって……
    よく許可下りましたね?」
  151. Youko
    “Well, it’s give-and-take with Houjou University,
    so, what with this and that, we made it work.”
    曜子
    「ま、峰城大とは持ちつ持たれつだし、
    そこは色々とね?」
  152. Haruki
    “But, why…”
    春希
    「けど、なんで……」
  153. Youko
    “Well, because that room
    is a special place for her.
    …For better or worse.”
    曜子
    「そりゃ、あそこは、
    あの子にとって、特別な場所だからよ。
    ……それこそ、良くも悪くもね」
  154. Haruki
    “No, that’s not what I meant…
    Why on New Year’s Eve?”
    春希
    「いや、そっちじゃなくて……
    どうして、大晦日なんです?」
  155. Youko
    “Ah, well…
    Maybe it’s my own way of getting revenge?”
    曜子
    「それは、まぁ……
    私なりの、リベンジってところかしら?」
  156. Haruki
    “Revenge? What do you…”
    春希
    「それって、どういう……」
  157. Youko
    “It’s so that I can recreate my strategy from that day, just one more time.
    …Maybe it’s just about my pride.”
    曜子
    「あの日の私の作戦を、もう一度再現するため。
    ……なんてね、ちょっとした意地なのよ」
  158. In the end, Youko-san never did explain to me
    what that “pride” was…
    結局、その『意地』ってのがなんなのか、
    最後まで曜子さんは教えてくれなかったけれど……
  159. Kazusa
    “You two are terrible…”
    かずさ
    「悪趣味だぞ、お前ら……っ」
  160. Nevertheless, in this ceremony, in this place, at this time,
    Youko-san’s love, tenacity,
    and desire for mischief were perfectly mixed together.
    それでも、もうこの時間の、この場所での儀式には、
    曜子さんの愛と、執念と、
    悪戯心が絶妙に混ざり合っていた。
  161. Kazusa
    “Did you imagine I would be moved, having this happen here?
    Did you think I would cry?”
    かずさ
    「ここなら、あたしが感激するとでも思ったのか?
    泣くとでも思ったのか?」
  162. Haruki
    “What, you aren’t going to cry?”
    春希
    「泣かないのか?」
  163. Kazusa
    “Why would I cry, stupid?!
    I’m the one who said in the first place
    that I didn’t care about having a ceremony!”
    かずさ
    「泣くか馬鹿!
    あたしはもともと
    式なんてどうでもいいって言ってただろ!」
  164. Haruki
    “Is that what you said…?”
    春希
    「そうだったっけ……?」
  165. I seemed to recall that what I heard when we were in bed
    had just a little more nuance than that.
    俺がベッドの中で聞いたのは、
    もうちょっと違うニュアンスだったと記憶してるけど。
  166. Kazusa
    “Trying to make a tearjerker out of some clever little surprise…
    What, were you going to take footage of me crying
    and laugh about it later?”
    かずさ
    「それを、妙なサプライズでお涙頂戴とか……
    なんだよ、あたしが泣いてるところを撮影して、
    後で笑いものにでもするつもりだったか?」
  167. Haruki
    “No, that’s not what I…”
    春希
    「いや、俺は別にそんな……」
  168. Kazusa
    “Look, I’m not going to cry for you right now, and that’s that!
    I’ll listen to your vows, and nod my head like I’m bored of it all,
    and say, “All right, all right,” and that’s it!”
    かずさ
    「こうなったら意地でも泣いてなんかやるもんか!
    誓いの言葉だってすっごいめんどくさそうに
    『はいはい』って答えてやる!」
  169. Haruki
    “It’s fine. I don’t really care whether you cry.”
    春希
    「いいよ、別に泣かなくても」
  170. That said, was she really going to try to respond to my vows
    while remaining this riled up?
    ていうか、これだけ怒っておきながら、
    ちゃんと誓いの言葉には答えるつもりなんだな、こいつ。
  171. Haruki
    “This is a matter of self-satisfaction for me and Youko-san.
    All I need is for you to go along with it, even grudgingly.”
    春希
    「これは、俺と曜子さんの自己満足なんだ。
    お前は、いやいや付き合ってくれるだけでいい」
  172. At any rate, I had secured Kazusa’s agreement.
    とにかく、かずさの承諾は取り付けた。
  173. So, I took my phone out of my pocket,
    and pressed the “send” button.
    だから俺は、ポケットから携帯を取り出し、
    発信ボタンを押した。
  174. Kazusa
    “Who did you just text?”
    かずさ
    「どこに連絡してんだよ?」
  175. Haruki
    “It was a group message, to my bride’s relatives and friends.”
    春希
    「そりゃ、新婦の親戚、ご友人一同にさ」
  176. They had been waiting outside since a short while before.
    だって、さっきからずっと外で待ってるはずなんだ。
  177. …Bearing clothing for the bride.
    ……新婦のお召し物を抱えたまま、な。

  178. …………
  179. Haruki
    “…Um, excuse me.
    Is she still not…?”
    春希
    「……あの、すいません。
    それで、まだですか?」
  180. Miyoko
    “Ah, I’m sorry, Kitahara-san.
    Actually, she finished changing a while ago.”
    美代子
    「あ~、すいません北原さん。
    実は着替えはとっくに終わってるんですけれど」
  181. Haruki
    “Ah…”
    春希
    「はぁ……」
  182. Kudou-san’s voice, coming from Music Room #1 next door,
    sounded slightly troubled.
    隣の第一音楽室にいる工藤さんの声は、
    いささか困っている様子だった。
  183. Since Kazusa had been dragged out to get changed,
    an hour had crept by.
    そろそろ、かずさを着替えに引きずり出してから、
    一時間は余裕で越えた。
  184. Miyoko
    “Um, Kazusa-san
    is making a fuss in the hallway…”
    美代子
    「その、かずささんが、
    さっきから廊下でゴネてまして……」
  185. Haruki
    “Of course she is…”
    春希
    「あ~」
  186. Youko
    “Will you please just get over yourself and do it?
    I know you want him to see this, more than anything.”
    曜子
    「いい加減に覚悟を決めなさい。
    あんた、本当はものすごく見てもらいたいんでしょうが」
  187. Kazusa
    “L-like hell I do!
  188. That’s the last thing I want! I’m not doing it!”
    かずさ
    「そ、そんなことないっ!
    嫌で嫌でたまらないっ!」
  189. Youko
    “Why are you being so vehemently bashful about this?
    How old are you, exactly?
    You’re embarrassing your mother.”
    曜子
    「だからどうしてそこまで思いっきり照れるのよ?
    あんた自分がいくつだと思ってるの?
    いくらなんでも親として恥ずかしいわよ」
  190. Kazusa
    “But, but… Mooom…!”
    かずさ
    「だって、だって……母さ~ん」
  191. Youko
    “Argh, I’ve had enough of this!
    Hurry up and go!”
    曜子
    「あ~もう鬱陶しい!
    早く行きなさいっ!」
  192. Kazusa
    “S-stop… Stop!”
    かずさ
    「や、やめろ……やめろぉっ」
  193. Haruki
    “Ah…”
    春希
    「あ……」
  194. I knew…
    そりゃ、想像はしてたさ……
  195. Kazusa
    “I hate all of you…”
    かずさ
    「悪趣味だよ、お前らみんな……」
  196. Haruki
    “…”
    春希
    「…………」
  197. I knew that, seeing Kazusa looking like this,
    I could probably be knocked out cold with one blow.
    かずさがこういう格好をしたら、
    俺は多分、一発で撃ち抜かれてしまうだろうって。
  198. Kazusa
    “I-I-I…
    I’m not… good with…”
    かずさ
    「あ、あ……あたしが……
    あたしがっ、こんな……っ」
  199. I knew that I would find myself at a loss for words.
    言葉を、失ってしまうだろうって。
  200. Haruki
    “…When we started talking about having a ceremony,
    you must have predicted to some extent that this would happen.”
    春希
    「……式挙げるって話した時から、
    こうされることはある程度予測してただろ」
  201. Kazusa
    “B-but, but!
    N-not… not like…”
    かずさ
    「け、けど、けどっ!
    こ、こんな、こんなっ」
  202. But, well, how do I put this…
    I was the sort whose mouth would keep moving, even when I was completely awestruck.
    けど、ま、なんだ……
    呆然自失としてても、口は動くもんなんだな。
  203. Or maybe, because my partner was even more shaken up than I was,
    I felt a sense of obligation to keep talking.
    というか、相手が俺よりも動揺してるせいで、
    俺が話を進めなくちゃならない義務感に囚われたというか。
  204. Haruki
    “You’re beautiful, Kazusa.”
    春希
    「綺麗だ、かずさ」
  205. Kazusa
    “Don’t say that!”
    かずさ
    「言うなっ」
  206. …Really, I wanted to yell “Holy shit, you’re gorgeous!” at the top of my lungs.
    I wanted to fling my arms around Kazusa, standing there all in white.
    ……本当は、大声で『マジスッゲー』って叫びたいのに。
    この白いかずさを、思いっきり抱きしめたいのに。
  207. But Kazusa still wasn’t ready.
    なのに、かずさはあまりにも覚悟ができていなかった。
  208. Kazusa
    “B-because, I… I…!”
    かずさ
    「だ、だって、あたしは、あたしは……っ」
  209. Even though we had been living together for three years…
    Even though we had entered the family register long ago…
    もう、一緒に暮らして三年になるのに。
    籍を入れてからだって、ずいぶん長いのに。
  210. It seemed that, somehow, this ceremony, with her playing the part of the bride,
    had never crossed her mind as a possibility.
    なのに、自分が花嫁になるというその儀式だけは、
    なぜか想定もしていなかったみたいだった。
  211. Kazusa
    “I wanted to be your wife,
    but that didn’t necessarily mean I wanted to be your bride…”
    かずさ
    「あたしは、お前の妻になりたかっただけで、
    別に、花嫁なんかになりたかったわけじゃ……」
  212. Haruki
    “Come on.
    You can be my bride.”
    春希
    「いいじゃん、別に。
    花嫁になっても、さ」
  213. Kazusa
    “B-but… But…!”
    かずさ
    「け、けど、けどぉっ」
  214. Was there still some sense of guilt lingering in her…?
    まだ、どこかに罪悪感が残っているのか……
  215. Up until now, apart from her on-stage outfits,
    Kazusa was never the sort to get dressed up.
    今までかずさは、ステージでの衣装以外に、
    自分を着飾ることをしようとしなかった。
  216. Well, her own fundamental laziness
    may have had something to do with that.
    まぁ、元からものぐさということも、
    多少はあったんだろうけど。
  217. Haruki
    “You really are beautiful…
    It looks ridiculously good on you.”
    春希
    「本当に、綺麗だ……
    馬鹿みたいに、似合ってる」
  218. Kazusa
    “Haruki…
    U-ugh, hueeeh…!”
    かずさ
    「春希っ……
    う、うう、ふぇぇ……っ」
  219. Haruki
    “Oh? Are you sure you want to cry?
    You know Youko-san will get a big thrill out of capturing that on video.”
    春希
    「いいのか? 泣いちゃって?
    曜子さんが大喜びでビデオ回すぞ?」
  220. Kazusa
    “Shut up!
    Shut up, shut up…!”
    かずさ
    「うるさいっ!
    うるさいっ、うるさいぃ……っ」
  221. Haruki
    “Looks like our little surprise was a big success…”
    春希
    「妙なサプライズ、大成功しちまったな……」
  222. The two of us…
    If, you know, we had done something like this back then,
    I’m sure there wouldn’t… have been that sort of regret.
    俺たちはもう、
    もし、とか、あの時こうしてたら、とか、
    そんなふうに、後悔することはしない。
  223. We definitely wouldn’t deny the two of us, standing here now.
    今ここにいる俺たちを、絶対に否定しない。
  224. But that was exactly why
    we were affirming ourselves now.
    けれど、だからこそ、
    俺たちは、今の自分たちを肯定する。
  225. In this place that we had enjoyed the most,
    and the place that had caused us the most pain,
    we were starting again.
    この、俺たちが一番楽しくて、
    そして、一番切なかった場所から、
    また、始める。
  226. And so, belated as it was…
    Today, we began our wedding ceremony.
    というわけで、遅ればせながら……
    今日、これから、俺たちの結婚式を始めます。
  227. Haruki
    “Hey, Kazusa…
    I swear I’ll stay with you forever.”
    春希
    「なぁ、かずさ……
    俺、お前とずっと一緒にいるって、誓うから」
  228. Kazusa
    “I’ve told you the same thing a million times already.”
    かずさ
    「そんなのもう、あたしは百万回誓ってる」
  229. Haruki
    “I guess so…”
    春希
    「そっか……」
  230. Kazusa
    “…Well, I suppose a million times
    isn’t really all that many.”
    かずさ
    「……まぁ、百万と一回なんて、
    決して多くないけどな」
  231. Haruki
    “Yeah…”
    春希
    「うん……」
  232. Youko
    “Ah! Now, just a minute!
    You said you would do that with me as your witness!”
    曜子
    「あ~! ちょっとぉ~!
    それは私の立ち合いのもとでやるって言ったでしょ~!」

  233. …………
  234. Friend 1
    “…Everything is ready, they said.”
    友人1
    「……準備、できたってよ」
  235. Friend 2
    “Should we get going, then?”
    友人2
    「じゃ、そろそろ行こうか?」
  236. Friend 3
    “Yeah!”
    友人3
    「うんっ」